Loading

放置している土地が太陽光発電の設置用地として売れる

『田舎の土地』が、太陽光投資用物件として売れる。

 価値がないと思っていた土地でも、有効活用が可能なのです。  相続などで取得した土地、その中でも交通に不便な山の中であったり農業をしていた跡地など、使い道に困っている土地はありませんか?固定資産税がかかり、遠方にあれば管理も困難…。親から譲り受けたものの、あなたの負担になっていませんか。せっかく親から譲り受けた土地ですから、有効に活用しましょう。

田舎の土地の場合、駐車場やマンションなんて建つわけもなく。。売れずに、固定資産税だけが毎年、負担に・・・。

土地の有効活用として、賃貸アパートやマンション経営や、駐車場経営など、自分自身で土地を活用し、事業をするという方法が考えられます。しかし、事業をするとなれば、様々な手続きが発生し、また初期投資が必要となりますよね。さらに、管理費・維持費、また賃貸アパートやマンションであれば入居者募集のための広告費等もかかってしまいます。
​なにより、 田舎の土地の場合、駐車場やマンション用地として売れることなく、固定資産税だけ毎年負担になるケースが多くなります。 アパート経営や駐車場経営するためには、利用が見込まれる立地条件が必要となります。つまり、田舎にあったり交通が不便な土地では、アパート経営や駐車場経営には向いているとは言えず、そういった需要に応えることができません。

田舎の土地でも、日当たりが良ければ太陽光発電設置用地に向いてます。

あなたを困らせている土地が価値のある土地に生まれ変わるかもしれません。​有効活用の可能性について、お気軽に問い合わせください。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

関連記事

  1. 土地は「売却」と「賃貸」どちらがお得?メリットやリスクを比較
  2. パワーコンディショナとは?仕組みや太陽光発電における役割・機能
  3. 土地売却を考える3つの悩みとは?遊休地を有効活用する方法
  4. 使い道に困った土地の売却を検討してみませんか
  5. 太陽光発電の仕組みと原理・電力買取とは?
  6. 太陽光発電のメリット・デメリット。2019年に設置するのはお得な…
  7. O&M契約とは?太陽光発電における運転管理・保守点検の…
PAGE TOP