Loading

太陽光発電による周辺環境への影響


周辺環境への影響

太陽光発電所を設置することによる周辺環境への主な影響

景観の改善

太陽光発電を設置する場所は多くが耕作放棄地、山林、空き家などの使用目的を失った、荒れた土地です。雑草が生い茂り、害虫が発生したり長く人の手に触れられず火事の原因になるなど思わぬ危険をもたらす可能性があります。
 太陽光発電所への有効活用することで、定期的に草刈など手入れされます。 ※1

CO2の排出量削減

太陽光発電所で発電した電力を石油火力発電所で換算すると二酸化炭素の排出量を、 年間約85,523kg削減 することができます。※2※3

杉の木 約6,000本分

太陽光発電所で発電した電力を石油火力発電所で換算した場合の 二酸化炭素の排出量約85,523kgとは杉の木、約6,108本が年間に吸収する二酸化炭素の量に相当します。 ※3※4

よくあるご質問

光や音の影響

太陽光発電所の設備の中で音を発するのはパワコンですが、エアコンなどと同程度※5であり、 音が発生するのは日中の稼動時に限られます。 また、太陽光パネルは 反射しにくい色・素材で作られており、 反射光は空へ逃げるよう設計されているので車のボンネットに反射する光と同程度の影響です。

電磁波の影響

電磁波はパワコンから発生していますが、日中の稼動時のみです。
パワコンの場合30cm離れると発生する電磁波は国際非電離放射線防護委員会(ICNRP)が公表するガイドラインより小さくなり、掃除機など家電製品と同程度です。※6

工事について

最初の数日間は基礎工事による杭打ちの音が発生する場合がございます。工事をする人員・大型の運搬車や重機などが出入りしますが、 必要な場合には誘導員を配置し安全を確保いたします。 また、 工事現場には簡易トイレも設置し、 近隣のコンビニ様や商店様にご迷惑にならないよう配慮いたします。

設備について

太陽光パネル自体に触れても感電はしませんが、破損していた場合やケーブルの接続部分に触れると感電する危険性がございますので、 設備には触れないよう お願いいたします。
また、発電所敷地は私有地ですので、工事期間中も含め無許可で立ち入らないようお願いいたします。

※1 景観については個人の主観によるもので、全ての人に良いと判断される保証をするものではありません。 ※2 あくまでもシミュレーション値であり発電電力量は天候やその他、要因により変化するためシミュレーション結果を保証するものではございません。試算条件はパネルの設置容量:380w×288枚、認定容量49.5kW、設置場所:愛知県知多郡となります。 ※3 「電力中央研究報告書」より:石油火力発電所の1kWhあたりの二酸化炭素排出量を0.738-CO2/kWhとして計算しております。あくまでもシミュレーション値であり確約するものではございません。(削減される二酸化炭素排出量=115,866kWh(年間発電量予測)×0.738-CO2/kWh(石油火力発電所の1kWhあたりの二酸化炭素排出量)) ※4「太陽光発電協会 表示ガイドライン(2019年度)」より:結晶系シリコン太陽電池:450.5g-CO2、「林野庁」より:杉1本あたりのCO2吸収量を14kg/年として計算しています。あくまでもシミュレーション値であり確約するものではございません。 ※5 「環境省:生活騒音の現状と今後の課題」より。 ※6 電磁界情報センター「太陽光発電システムから発生する静磁界及び商用周波数磁界」より
PAGE TOP