各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

無料定期点検

無料定期点検

当社においては、設置後、1年・5年・9年・13年・17年・20年(10kW未満は1年・5年・9年・13年)経過ごとに当社独自の下記の項目で「業界最長20年無料定期点検」をいたしております。
太陽光発電システムは、パソコンなどのような精密機械ではありませんが、屋外に設置されているため24時間・365日雨風にさらされています。そのため、雨や砂で太陽光パネルが汚れてしまったり、また日本は台風も多いので飛来物でパネルが割れてしまう等といったことも起こりえます。大きく発電が停止してしまった場合等は毎月の売電額や遠隔監視システムを利用している場合は発電量の低下で気づくこともあるでしょうが、フレームがゆがんでしまっている、または接続箱やパワコンのネジが緩んでしまっているなど発電量だけでは気づかないことが起こっているかもしれません。 また、土地付き太陽光発電は遠隔地に設置していることも多く普段、なかなか見に行くことが難しい方も多くおられると思います。パネルの落下や発電量が低下してからでは遅く、こういったことが起こらないよう定期的な点検は非常に重要です。 特に設置後9年目の定期点検は、一般的な10年のメーカー保証(製品保証・出力保証)がなくなる前の最終点検としてお客さまにとって大変重要な点検です。

区分 点検項目 点検内容
太陽電池モジュール ガラスの汚れ・破損 ガラスの著しい汚れ・破損がないか
フレームの破損・変形 フレームの著しい破損・変形がないか
太陽電池の固定 著しい変形・傾きがないか
外部配線の破損 外部配線の破損がないか
障害物 太陽電池モジュールに障害物が乗っていないか
架台 錆・傷 著しい錆・傷がないか
接続箱 端子台のネジゆるみ 確実に取付けられ、ネジのゆるみがないか
配線・アース工事 配線・アース線に異常がないか
錆・汚れ 著しい錆・汚れがないか
ふた ふたはネジ等により確実に閉められているか
パワーコンディショナ 端子台のネジゆるみ 確実に取付けられ、ネジのゆるみがないか
配線・アース工事 配線・アース線に異常がないか
通気 通気口をふさいでないか
周囲の風通し パワーコンディショナのまわりの風通しは良いか
周辺の可燃性ガスや引火物 周りに可燃ガス・引火物がないか
異常音・振動・異臭 異常音・振動・異臭はないか
異常過熱 異常過熱はないか
錆・汚れ 著しい錆・汚れがないか
運転停止 パワーコンディショナ 運転スイッチの操作で運転し、エラー表示しないか
運転スイッチの操作で停止するか
商用電源 停電させ瞬時にパワーコンディショナが停止するか
復電させ復電タイマー作動後運転するか
発電電力 出力電力の確認 連系運転中モニター表示器の電力表示は正常か
自立運転時出力するか
発電電力量 パワーコンディショナの発電電力量は正常か
積算発電量は正常か
漏電ブレーカー等 配線・接続部分 配線の異常・接続部分のゆるみはないか
電気測定 絶縁抵抗 太陽電池(+)と接地間
太陽電池(-)と接地間
接続箱と接地間
パワーコンディショナと接地間
引込み口配線機器一括と接地間
太陽電池の開放電圧 系統ごとの開放電圧を測定
電圧のバラツキの確認

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。