太陽光発電なら産業用から家庭用まで!エコの輪

5つのあんしん

産業用太陽光発電

DIY自作太陽光発電キット

※北海道及び離島の場合、別途送料が発生します。

低圧連係産業用発電所パック

東芝太陽光発電SPR-250NE-WHT-J あんしん価格

東芝の世界トップレベルの発電力

パナソニック太陽光発電HIT240αあんしん価格

パナソニック HIT240α VBHN240SJ21

カナディアンソーラー『CS6A-215MM』あんしん価格

CS6A-215MMの1kwあたりの価格

京セラ太陽光発電『KJ200P-3CRCE』のあんしん価格

京セラ太陽光発電

三菱太陽光発電『PV-MA2200K』のあんしん価格

PV-MA220wの1kwあたりの価格

ソーラーフロンティア『SF165-S』のあんしん価格

SF165-Sの1kwあたりの価格

トリナソーラー『TSM-210DC80.08』のあんしん価格

TSM-210DC80.08の1kwあたりの価格

シャープ太陽光発電『NQ-195AA』のあんしん価格

NQ-195AAの1kwあたりの価格

長州産業太陽光発電『CS-223B13』のあんしん価格

CS-223B13の1kwあたりの価格

販売営業支援制度

エコめがね

太陽光発電が急速に普及しています

  現在、地球温暖化やエネルギー資源の枯渇問題、さらに東日本大震災における原発事故もあいまって、太陽光発電が急速に普及しています。   太陽光発電のメリットは主に3つあります。まず、枯渇しないエネルギーである太陽を用いた発電なので、資源の心配をすることがありません。また、環境を汚さず発電出来るというメリットもあります。   次に、発電し余った電力を電気会社へ販売することが可能です。平成26年現在、住宅用は1kwあたりの余剰電力の買取料金は37円(税込)です。そして、10年間の価格保証があるため、今後余剰電力の買取価格が下がったとしても買い取られる価格は維持され、10kw以上の産業用は1kwあたり32.0円(税抜)で買い取ってもらえることになります。   経済産業省によると、日本の太陽光発電システム導入は経産省の導入促進対策により、着実に導入が進んでいます。2009年の太陽光発電は、日本国内市場においては前年比114.4%増の483.0MWであり、累積で2,627.2MWを導入しました。その後2010年は991.0MWを導入し、累計では3,618.1MWが導入されています。2011年の日本国内市場は、前年比30.8%増の1,295.8MWであり、累積で4,913.9MWを導入しています。こうしたデータを見ていくと、太陽光発電は急速に普及している状況ということが理解できます。また、最近では新しく住宅を建てる際に太陽光発電パネルを設置する家庭も増加しています。
|Yahoo!ブックマークに登録