太陽光発電は2〜5円の引き下げに、2015年度の買取価格が決まる

kotei_kaitori.jpg

産業用太陽光発電投資!自社責任施工!!

産業用太陽光発電太陽光発電へ投資を行う企業の多くは、利潤を得るために自社で発電した電気は全て売却できる全量買取制度を用いて発電所を運営しています。そういった事情から、個人の方でも遊休地や広い屋上に太陽光発電へ投資する方が増加中です。

固定価格+1円で電力買取

固定価格+1円電力買取

電気を売って下さい!!固定買取価格よりさらに+1円で買取します!

高圧太陽光発電25MW限定価格

高圧太陽光発電への投資

DIY太陽光発電キットで投資

自作太陽光発電投資

自分で作って太陽光発電投資を行い、発電年金を得たい方のためにご用意しました。初めてでも簡単設置!送料無料!※北海道及び離島の場合、別途送料が発生します。

低圧産業用発電投資

遊休地、工場・倉庫屋根、マンション・アパートの屋根など太陽光発電投資を場所を問わず設置できるように設計可能な50kw以下低圧パックです。

太陽光発電カーポート

住宅用太陽光発電の次の新たな潮流はカーポートです。『既設(住宅用太陽光発電)+カーポート』を合わせて10kw以上設置する事で20年間固定買取制度を利用可能。

産業用太陽光発電の投資はエコの輪!

5つのあんしん

お知らせ
2015年02月03日 リリース
再エネ電力の普及により地方創生を目指す"エコの輪ファンド"

固定買取制度と太陽光発電の普及情報

平成27年現在、住宅用は1kwあたりの余剰電力の買取料金は33〜35円(税込)です。そして、10年間の価格保証があるため今後余剰電力の買取価格が下がったとしても買い取られる価格は維持され、10kw以上の産業用は1kwあたり27円(税抜)で買い取ってもらえることになります。経済産業省によると、日本の太陽光発電システム導入は経産省の導入促進対策により、着実に導入が進んでいます。2009年の太陽光発電は、日本国内市場においては前年比114.4%増の483.0MWであり累積で2,627.2MWを導入しました。その後2010年は991.0MWを導入し、累計では3,618.1MWが導入されています。2011年の日本国内市場は、前年比30.8%増の1,295.8MWであり、累積で4,913.9MWを導入しています。