太陽光発電による投資ならエコの輪

太陽光発電メンテナンスの「エコの輪ソーラーサポートサービス」

previous arrow
next arrow
Slider

エコの輪ソーラーサポートサービスとは?

 エコの輪ソーラーサポートサービスとは、お客様が所有する低圧太陽光発電所の運転管理・維持管理サービスの事です。
 低圧太陽光発電所の定期点検により、お客様の安定的な収益を確保をサポートするサービスを提供します。
 モニタリング(監視)・緊急時の駆け付け対応、法定点検も当社にお任せください。
 O&Mサービスは太陽光発電所の計画時からご検討頂く事をお勧め致します。また他社様で施工された発電所にも対応致します。

太陽光発電O&Mサービス「ソーラーサポート」

太陽光発電所メンテナンスの目的

➀売電ロスのリスクを低減し、長期間にわたる安定した売電収入を確保

  • システムの故障や不備による発電量低下を事前に回避するための予防保全
  • 発電量低下につながる雑草の除去やパネルの洗浄

セカンダリーマーケット(中古市場での査定価値向上)

  • 将来的に売買する場合、より高く売るために商品価値を向上

O&Mサービス『ソーラーサポート』

エコスタイルでは、長期間あんしんして太陽光発電事業を運営して頂くために、お客様のニーズにお応えできる、O&Mサービスをご用意いたしております。

  • 自宅から発電所が遠くて、なかなか見に行けない
  • 点検には、専門知識が必要なので技術者にお願いしたい
  • 夏になると草刈りをしたいが、時間がとれない
  • 大事な資産だから、いつまでも綺麗にしておきたい
  • メンテナンスは一切お任せしたい

そんな方に向けて、低圧太陽光発電所の定期点検でお客様の安定的な収益を確保をサポートするサービスをご用意しました!

 

「ソーラーサポート定期点検項目表はコチラ」

ソーラーサポートPV基本点検プラン

ソーラーサポートPV基本点検プラン

年2回の発電所点検サービス(巡回点検1回・年次点検1回)

お客様に代わって、発電所の点検を実施いたします。

 

料 金 『パネル容量10~50kw未満』87,000円/年間(税別)
『パネル容量50kw以上の低圧発電所』95,000円/年間(税別)
内 容 目視点検・測定・動作確認・パネル部分洗浄・部分除草
対 応 本州・四国・九州(離島は除く)

※エコスタイル以外で施工された発電所は、初期登録料(初回のみ上記料金の10%)が必要となります。

目視による点検(巡回点検・年次点検)

太陽光発電所の状態確認(目視確認)

太陽電池パネルの割れ・汚れ、架台の歪み、パワーコンディショナの状態、雑草、不法投棄の有無、フェンスの状態などを確認します。これらの不具合は遠隔監視装置などで検知するのは非常に困難で、必ず目視による点検が必要です。提供して頂いた設備配置図、ストリング系統図、単線結線図の設計通りに機器が配置されていない場合もございますので、ソーラーサポートメンテナンスが初回点検時では、その確認も行います。

チェックポイント
  • 太陽電池モジュールの破損、変形、汚れ
  • 架台の錆び、変形
  • 雑草の繁茂
  • パワーコンディショナの停止、エラー
  • 高圧設備などからの異音、異臭、発熱
  • 直流ケーブルの断線
  • 集電箱、接続箱など電気設備の破損
  • ブレーカーのトリップによる発電停止
  • 発電所場内への不法投棄
  • フェンスの破損

測定・動作確認による点検(年次点検)

太陽光発電所の安全性・健全性の確認

パワーコンディショナ、接続箱、集電箱など電気設備の保全に重要な、絶縁抵抗・接地抵抗が技術基準に合致しているかを確認するために測定を行います。感電や漏電・火災などの災害防止に非常に重要な点検です。また、異音や異臭、漏水などが無いかの確認をします。

太陽光モジュールの性能評価

検査機器を使用して、太陽光パネルが正常に発電しているかの性能評価を行います。

■開放電圧・抵抗値の測定:ストリング毎に電圧に異常がないか確認
■I-Vカーブ特性の測定(※):ストリング毎にI-V特性を測定

日射計・温度センサーで測定データを基準状態に補正して評価します。
(※)I-Vカーブ特性と同等の測定方法で、ストリング毎の不具合特定に対応する場合もございます。

開放電圧・ストリング抵抗検査(年次点検)

ストリング測定

ストリングごとの開放電圧・抵抗値を測定します。そのストリング内で、断線・高抵抗化した太陽電池モジュールがあるかの判定を行います。点検時の日射量に検査結果が左右されないので、曇天時の異常ストリング検出も可能です。竣工点検時の太陽電池モジュールの接続枚数の過不足や、接続不良などにも有効な検査です。

I-Vカーブトレーサーによる特性検査※

ストリング測定

太陽電池モジュールのI-V特性カーブは正常の場合、なめらかなカーブを描きます。異常がある場合は曲線に乱れが出るのですが、内容によっては発見しづらい場合があります。そこで、ソーラーサポートでは、同時に複数のストリング測定を行い、相対比較することにより確実な判定を行っております。

(※)I-Vカーブ特性と同等の測定で、ストリング毎の不具合特定に対応する場合もございます。

作業完了報告書(作業完了レポート)

作業報告書提出(PDFデータor紙面レポート)

ご依頼いただきました、各種ソーラーサポートサービス応じた報告書を提出させてい頂きます。報告書により、お客様が発電所の状態を把握することができます。また、大切に保管頂き、継続的に状態を管理することで事業計画にもお役立て頂けます。更に、セカンダーとして売却を検討する際には、発電所のデューデリジェンス(査定)のエビデンスの一つとしてご利用いただけます。
資産の証明書として、お客様の発電所の価値を実証頂けます。

※作業完了報告書のフォーマットは見本と異なる場合がございます。予めご了承下さい。

ソーラーサポート草刈り代行プラン

ソーラーサポート草刈り代行プラン

お客様に代わって、発電所の点検と夏場の草刈りを実施いたします。

年2回、架台周辺の草刈代行と発電所点検サービス(巡回点検1回・年次点検1回)

料 金 『パネル容量10~30kw未満』100,000円/年間(税別)
『パネル容量30~50kw未満』150,000円/年間(税別)
『パネル容量50kw以上追加料金』+3000円/kw(年間)(税別)
※1kw未満は、切り捨て
内 容 架台周辺の草刈り代行(4~6月に1回、7~9月に1回)及び、目視点検・測定・動作確認・パネル部分洗浄 ※刈り取った草は、発電所内にそのまま放置での廃棄処分。
対 応 本州・四国・九州(離島は除く)

※エコスタイル以外で施工された発電所は、初期登録料(初回のみ上記料金の10%)が必要となります。

雑草処理の必要性

太陽光パネルの架台周辺の草刈りを実施致します。

影の影響では発電ロスが発生!

セイタカアワダチソウ、ススキ、ヒメムカシヨモギなどの背が高く伸びる雑草が生えてきた場合、一般的に架台前面高さが50㎝程度の場合ですと、直ぐにパネル面まで達してしまいます。また、つる性の雑草がソーラーパネル配線に絡みついている時には、除草時にケーブルを破損する可能性がありますので、注意が必要です。この様なトラブルや発電ロスを避けるために定期的な除草が必要です。

ソーラーサポートおまかせパック

ソーラーサポートおまかせパック(遠隔監視+PV点検+草刈り代行)

お客様に代わって、エコスタイルが発電所の以下の管理を全て引き受けます。

エコめがね
レンタル※(注2)
お客様で遠隔監視装置を
ご用意頂く場合※(注)
【パネル容量10~50kw未満】 200,000円/年間(税別) 175,000円/年間(税別)
【パネル容量50kw以上の低圧発電所】 220,000円/年間(税別) 195,000円/年間(税別)
■対応地域 青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、岐阜、静岡(離島は除く)

※(注)遠隔監視に必要な通信料は別途お客様にてご負担頂きます。
※エコスタイル以外で施工された発電所は、初期登録料(初回のみ上記料金の10%)が必要となります。
※(注2)発電所売買契約後のお申込み或いはエコスタイル以外で契約された発電所は、エコめがねの取付工事代が別途発生いたします。

遠隔監視の必要性

性能面の必要性

通常発電量や売電金額は1カ月毎の明細で確認するしかありません。その為に、発電所の性能が正常な状態で維持されているのか確認する事が出来ない事や、不意なトラブルでパワーコンディショナ(PCS)が停止していても、明細や振込があった時点で初めて気付く事になってしまいます。しかし、遠隔監視を導入する事で、日常的に発電状況及びPCS稼働状況をサーバー上で確認出来る事から、不意の発電異常時も迅速な対応が可能です。また、日射データ等の分析から予想発電量と実績発電量の差異が天候不良で発電量が低下しているのか、設備的不良により発電量が低下しているのか判断する事が可能であり、発電ロスを最小限に抑える事が可能です。

※遠隔監視のイメージです。監視装置によって送信される情報の範囲が異なります。

エコめがねとは(産業用エコめがね)

産業用エコメガネとは

「エコめがね」は、太陽光発電をインターネットを使ってオーナー様、太陽光発電販売会社様の双方で遠隔モニタリングができるサービス。遠隔地にある産業用太陽光発電設備でも、お手持ちのパソコン・タブレット・スマートフォンで遠隔監視ができます。発電停止などのトラブルをいち早く発見できる「発電診断レポート」や「アラート」機能も標準で利用でき、投資回収遅れのリスクを軽減します。

<対応エリア>青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、岐阜、静岡(離島は除く)

1.お申し込み(WEBからエントリー)

エコの輪サイトのソーラーサポートメニューから、ご希望のサービスを選択頂きます。
サービスの約款をご確認の上、必要事項をお申し込みフォーマットに入力して頂きます。※ご契約開始日はご希望に添えない場合がございます。

2.契約書作成

お申し込み情報とお客様の発電所契約情報に基づき、弊社にて申込み書(契約書)を作成いたします。
※契約書作成に当り、追加で発電所情報の書類(エビデンス)のご提示をお願いする場合がございます。

3.契約書郵送

契約書とお支払いに必要となる預金口座振替依頼書(口座引落)をお申込者様にご郵送致します。

4.契約書押印

契約書の内容をご確認の後、お申込者様の押印をお願い致します(スタンプ印は不可です)。預金口座振替依頼書には、銀行届出印の押印し、契約書及びその他必要な書類と一緒に同封の返送用封筒でご返送頂きます。(お客様控えも全てご返送下さい)

5.契約完了

契約書が弊社に返送され、お申し込み内容と発電所情報に相違が無いことを再度確認します。相違が無ければ、預金口座振替依頼書を弊社から金融機関に提出します。金融機関の手続きが完了すれば、契約開始日を記載し、お客様控えを再度郵送し、契約完了となります。

※ご契約の解除はコチラ
※ソーラーサポート契約(1年間)の申込後の中途解約はできません。本契約は毎年4月1日に自動更新となっているため、年間更新を希望されない場合は3月末日以前に更新解除の手続をして頂くようお願い致します。

お支払いについて

  • お支払いは、売電口座からの引落とさせて頂きます(振替日は23日でお願い致します)。
  • お支払い日:作業完了報告書を提出した日の翌月23日に、下記表の条件に沿った金額をご指定口座から引落しとなります。但し、初期登録料(他社施工の発電所の場合)及びおまかせパックの基本料は、3月23日の引落しとなります。(基本料は、契約更新毎に引き落とされます)また、年度途中の契約開始日の場合は、契約開始日前月23日(或いは契約開始日以降で口座振替手続きを完了後に訪れる最初の23日)の引落しとなります。
  PV基本点検プラン 草刈り代行プラン おまかせパックプラン
お支払い(口座振替)
(お申し込み時に売電のご入金口座をご指定頂きます)
PVを年間2回定期点検 草刈りとPV定期点検をセット PVメンテナンスのパックプラン
遠隔監視装置レンタル付き
PVメンテナンスのパックプラン
初期登録料がある場合は、初回銀行引落しの際に合算します。
作業完了報告後の翌月23日に銀行引落し(作業1回に付き、年額の半額) 基本料は、契約開始日前月23日(或いは契約開始日以降で口座振替手続きを完了後に訪れる最初の23日)、残額は各作業完了報告後の翌23日銀行引落し

料金について

※契約開始日は、申込日から1カ月後(おまかせパックwithエコめがねプランは2カ月後)となることがございます。予めご了承お願い致します。

※表が大きいため、スマートフォンなどでご覧の方は横にもスクロールしてご確認ください。

【税 別】

PV基本点検プラン 草刈り代行プラン おまかせパックプラン
内 容 PVを年間2回定期点検 草刈りとPV定期点検をセット PVメンテナンスのパックプラン
遠隔監視装置レンタル付き※(注)
PVメンテナンスのパックプラン
概ね半年に1回の発電所点検
巡回点検1回 年次点検1回
4-6月と7-9月に実施
発電所内の架台周りの草刈り作業を年2回と定期点検2回(巡回1・年次1)
365日監視。4-6月、7-9月、10-12月、1-3月に作業を実施。
遠隔監視装置による発電量監視と設備の異常と判断された時には一次復旧対応。定期点検4回(巡回3、年次1)。巡回点検時に草刈り作業
対応エリア 北海道、沖縄及び離島を除く全国 北海道、沖縄及び離島を除く全国 青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、岐阜、静岡 青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、岐阜、静岡
契約料金
(1年間)
4/1~3/21
10-30kw ¥87,000 ¥100,000 ¥200,000 ¥175,000
30-50kw ¥87,000 ¥150,000 ¥200,000 ¥175,000
50kw~低圧 ¥95,000 +3,000円/kw ¥220,000 ¥195,000
自社施工以外初期登録料 年間契約料金の10%
備考 発電に影響する程度の除草およびパネル部分洗浄は対応します。 発電所の大きさ(パネル容量)により作業範囲が変動するため料金に差があります。草刈り作業日と点検日が異なることもあります。 エコめがねのレンタル期間が最長10年となっているため、10年後に契約を見直す場合があります。 遠隔監視に必要な通信費はお客様で別途ご負担頂きます。
 弊社5年毎無料点検年の対応 巡回点検を1回増やし、年3回の点検とします。  上記作業内容に変更はございません。

※(注)発電所売買契約後のお申込み或いはエコスタイル以外で契約された発電所は、エコめがねの取付工事代が別途発生いたします。

 

契約開始日による料金(初年度のみ)
※自動更新後は、毎年4/1~3/31 ※解約の場合は、毎年2月1日~3月末日迄に所定の解約届を郵送頂きます。
10-30kw 4/1~5/31
開始
○87,000円(43,500円×2回)(2回点検) ○100,000円(50,000円×2回)(2回草刈り・2回点検) ○200,000円(基本料8万円+3万円×4回)(4回点検) ○175,000円(基本料5.5万円+3万円×4回)(4回点検)
7/1~8/31
開始
×(契約開始日設定なし) ○50,000円(1回草刈り・年次) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし)
10/1~11/30
開始
○43,500円(1回点検(年次)) ×(契約開始日設定なし) ○140,000円(基本料8万円+3万円×2回)(2回点検(巡1、年1)) ○115,000円(基本料5.5万円+3万円×2回)(2回点検)(巡1、年1)
1/1~3/31
開始
×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし)
30-50kw 4/1~5/31
開始
○87,000円(43,500円×2回)(2回点検) ○150,000円(75,000円×2回)(2回草刈り・2回点検) ○200,000円(基本料8万円+3万円×4回)(4回点検) ○175,000円(基本料5.5万円+3万円×4回)(4回点検)
7/1~8/31
開始
×(契約開始日設定なし) ○75,000円(1回草刈り・年次) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし)
10/1~11/30
開始
○43,500円(1回点検(年次)) ×(契約開始日設定なし) ○140,000円(基本料8万円+3万円×2回)(2回点検(巡1、年1)) ○115,000円(基本料5.5万円+3万円×2回)(2回点検)(巡1、年1)
1/1~3/31
開始
×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし)
50kw- 4/1~5/31
開始
○95,000円(47,500円×2回)(2回点検) ○150,000円+3,000円/kw(2回草刈り・2回点検) ○220,000円(基本料8万円+3.5万円×4回)(4回点検) ○195,000円(基本料5.5万円+3.5万円×4回)(4回点検)
7/1~8/31
開始
×(契約開始日設定なし) ○7.5万円+1,500円/kw(1回草刈り・年次) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし)
10/1~11/30
開始
○47,500円(1回点検(年次)) ×(契約開始日設定なし) ○150,000円(基本料8万円+3.5万円×2回)(2回点検(巡1、年1)) ○125,000円(基本料5.5万円+3.5万円×2回)(2回点検(巡1、年1))
1/1~3/31
開始
×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし) ×(契約開始日設定なし)
お支払い(口座振替)
(お申し込み時に売電のご入金口座をご指定頂きます)
初期登録料がある場合は、初回銀行引落しの際に合算します。
作業完了報告後の翌月23日に銀行引落し(作業1回に付き、年額の半額) 基本料及び別途工事代(エコめがねレンタルの場合)は、契約開始日前月23日(或いは契約開始日以降で口座振替手続きを完了後に訪れる最初の23日)、残額は各作業完了報告後の翌23日銀行引落し

※表が大きいため、スマートフォンなどでご覧の方は横にもスクロールしてご確認ください。

※上記以外、契約開始日の設定はございません。

知っておきたい!発電所の「設備」「点検」「メンテナンス」の重要性

太陽光発電設備別メンテナンス表

区分 システム 受電方式 法定点検 電気主任技術者
低圧 50kw未満 キュービクル不要
トランスへつなぐ
自主点検 不要
高圧 50~2,000kw未満 キュービクル必要 2回/年以上
(外部委託可)
必要
(兼任可・外部受託可能)
特別高圧 2,000kw以上 キュービクル必要 4回/年以上
常駐者による
必要
常駐者

太陽光発電所の設備には3種類あり『低圧』『高圧』『特別高圧』があります。50kw未満の太陽光発電設備は『低圧』に分類され、『キュービクル設備不要』『法定点検不要』『電気技術責任者の設置不要』とメンテナンスが容易ですが最低限のメンテナンスは必要です。

発電所をメンテナンスする目的

①売電ロスのリスクを低減し安定した売電収入を確保

  • システムの故障や不備による発電量低下を事前に回避するための設備点検
  • 発電量低下につながる雑草の除去やパネルの洗浄

②中古市場での査定価値を向上

  • 将来的に売買する場合、より高く売るために商品価値を向上

設置者様(事業運営者様)の留意事項

太陽光発電協会(JPEA)によって、保守点検のガイドラインが示されています。50kw未満の発電所に関する概要は、以下です。詳細な資料は コチラです。

基本概要

  • 保守点検は概ね目視による巡視点検(巡回点検)と測定器や機器操作も伴う年次点検に分けられる
  • 設置者には、保安責任があり設備が安定的な発電を行うと共に事故防止に努めなくてはならない。保守点検は、トラブルを未然に防ぐ予防保全の意味合いもある。
  • 保守点検作業は、安全を第一とし服装・事故防止を心掛けなくてはならない
  • 点検作業は、事前準備・実施・記録作成から構成される

巡回点検・定期点検の必要性

発電所・設備のチェック

遠隔監視だけでは発見する事の出来ない、軽微な不良を発見する為と将来的な予防も含めて発電所での設備点検は必要となります。定期的に発電所内にて電圧・電流・抵抗等を測定しストリングスの点検・モジュール点検を行い、不良個所が無いか確認を行います。また設置場所の環境による地盤面の崩壊や沈下の確認から架台のぐらつきなど、電気設備以外についても点検を行います。遠隔監視によるデータ分析と現場でのメンテナンス業務をセットにする事で、発電所を最適な状態で稼働させる事が可能となります。

パネル洗浄は必要か?

自然洗浄では不十分です

太陽光パネルに汚れや鳥の糞が付着するとその部分の発電量は3~5%ほど低下すると言われていますが、ほとんどの汚れや鳥の糞は、雨が降る事で自然に洗い流されてしまいますので、断続して発電量が低下する事はほとんどありません。しかし、設置場所やパネルの角度によっては汚れがひどい場合もありますので、定期的なメンテナンス時に確認を行い必要に応じて対応する必要があります。

雑草処理の必要性

影の影響で売電ロス

セイタカアワダチソウ、ススキ、ヒメムカシヨモギなどの背が高く伸びる雑草が生えてきた場合、一般的に架台前面高さが50㎝程度の場合ですと、直ぐにパネル面まで達してしまいます。また、つる性の雑草がソーラーパネル配線に絡みついている時には、除草時にケーブルを破損する可能性がありますので注意が必要です。この様なトラブルや発電ロスを避けるために定期的な除草が必要です。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。