耕作放棄地をどのように活用する事をご希望ですか?

1. 農業と太陽光発電事業をどちらもやりたい

2. 賃貸収入が欲しい

エコスタイルロゴ

急速にソーラーシェアリング農家が急増している3つの理由

日本の農業を支えるための施策として注目されているのがソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)です。
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)とは、耕作地に架台を設置し、その上に太陽光パネルを並べて発電を行う仕組みのことです。
下記の農地においては、農業以外の事業を行うことが出来ませんが、平成25年4月より農地の支柱の設置について
一時転用許可を受けて太陽光発電事業を行うことが可能となりました。

macbook-336704_1280
ipad-606764_1280
imac-606765_1280

原子力発電の是非が問われている今、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の導入を
検討することは喫緊の課題と言えるでしょう。国土には限りがありますが、日本の農作地471万haのうち300万haで太陽光発電を行えば、
国内の総発電量をまかなうことも可能とされています。近い将来、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)は
農業、電力、そして私たちの暮らしを支える「未来のインフラ」となるかもしれません。

macbook-336704_1280

①年金だけでは将来が不安

将来私たちが受給する年金だけで老後の生活を行うことは可能なのでしょうか?2014年度に行われた5年に一度の年金の財政検証では、この先30年をかけて厚生年金は2割減、国民年金は3割減になると考えれられています。将来のおおまかな年金受給額を知ることにより、年金生活への危機感や対応策を考える必要がありそうです。

ipad-606764_1280

②農作物にも良い影響

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)を行うことによって、農作物にも良い影響があるということです。植物は太陽光を浴びて成長します。しかし、一定量(光飽和点)を超えた光は吸収できないばかりか、過剰摂取となり、水分を失う原因になってしまうのです。その点、太陽光発電設備を設置することによって光の量を調節し、作物のストレスを軽減することができるのです。

imac-606765_1280

➂後継者問題

後継者の減少や農業従事者の高齢化に加えて、農業による安定的な収益の確保が難しくなれば、農家の数はもっと減ってしまうかもしれません。ただでさえ食料自給率の低い日本において、農家の数が減ってしまえば、より海外からの輸入に依存することになるのです。

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)のお問い合わせはコチラ