各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

産業用太陽光発電投資で全量買取制度を徹底活用!

産業用太陽光発電投資で全量買取制度を徹底活用!
lang_img
20年間全量買取制度が適用される太陽光発電設備は10kW以上のシステムであることが条件になります。個人様も法人様も大企業と同条件の期間・価格で発電した電気を電力会社が買い取ることを法により義務付けています。
電力会社が20年間に亘って買い取りに要する費用は、どこから賄われるのでしょうか?これも法により認められているのですが、電力会社が電気料金の一部として、全ての事業所および全ての家庭から使用電力に比例して回収します。ということは、太陽光発電を設置すれば、全事業所および全家庭が負担する売電収入が見込めますが、設置しないと将来的に電気料金がどんどん上がっていくのを見ているだけということです。再生可能エネルギーの普及拡大のために、太陽光発電を設置しないと損な仕組みができた以上、設置場所がある方はやらなければ損なのです!
10kW以上の太陽光発電設備は、屋根であれば100㎡以上、土地であれば150㎡以上、屋根と土地で100㎡~150㎡以上の設置場所があれば設置可能で、20年間の全量買取制度の条件を満たす発電事業をスタートできるのです!
産業用太陽光発電のご依頼

産業用太陽光発電投資を今はじめる理由!

太陽光発電の売電価格 屋根や土地に設置可能 税制優遇措置の対象設備 出力制御

産業用太陽光発電投資の保証内容

製品保証・モジュール出力保証
10年間のメーカー製品保証および25年間のモジュール出力保証があります。また、台風・落雷・火災・洪水・外部からの他物の飛来衝突・高潮・土砂崩れ等の自然災害および盗難10年間補償する災害補償(動産総合保険)包括契約を三井住友海上火災保険と締結しております。設置完了後、メーカーより製品・出力保証書が発行されます。また、三井住友海上火災保険より動産総合保険被保険者証が発行されます。低圧連系でない高圧設備については個別対応となりますので保証内容についてはお問い合わせください。
施工補償
20年間、施工等の瑕疵による雨漏り・漏電等の物的および人的損害及び施工中の製品の損害を補償します。当社および当社グループ会社の施工に対し、損害保険会社の保険金額5億円の対人・対物賠償責任保険に加入いたしております。設置完了後、施工補償書を発行いたしております。
定期点検
お客様の発電設備の発電量を当社が遠隔監視することにより、万一の発電異常に対しても迅速に対応できる体制を備えております。また、設置後5年・9年・15年・20年経過ごとに無料定期点検、※FIT法改正に伴い21円案件より1年・5年・9年・13年・17年・20年経過ごとに無料定期点検をいたしております。お客様の発電設備の発電能力を最大限に維持するメンテナンスを行います。
産業用太陽光発電のご依頼委

施工業者として選ばれる理由

弊社施工社員

1.自社の社員による責任施工

  産業用太陽光発電の工事を請負える会社は、まだ限られており産業用太陽光発電の営業活動をしている営業会社様のほぼ100%が工事は下請けまかせです。営業会社様の利益確保のため下請け業者様の工事代金は安く叩かれているのが現状です。このような状況下では、20年以上の耐久性がある材料を使用したり、お客様の立場に立った工事ができるはずがありません。当社は、基礎工事・設置工事・電気工事のすべてにおいて当社の社員が責任を持って工事させて頂く事を基本としております。
(一部、当社施工管理による下請業者様施工の場合があります。)

当社社員による責任施工だから、20年間の施工補償ができるのです。

太陽光発電の施工会社

2.電気工事業経済産業大臣届出・建設業国土交通大臣許可業者

当社は、電気工事業に熟練した電気工事業経済産業大臣届出事業者であり建設業 国土交通大臣許可事業者です。お客様の発電設備は全量買取の対象設備となるために経済産業大臣へ事業計画認定の申請手続きが必要となります。産業用・法人用太陽光発電設備の事業計画認定申請手続きはシステムにもよりますが煩雑です。太陽光発電を設置したが、経済産業大臣より事業計画認定がされないということがないように、電気工事業経済産業大臣届出業者があんしんです。
また、請負金額500万円(税込)以上の工事請負契約には、お客様に不利益が生じることがないよう監督官庁による参入規制が設けられ、請負業者に電気工事業に係る建設業許可が求められています。許可を受けないで請負った場合には、無許可営業として罰せられます。材と工を分割して請負ったとしても総額で判断されます。コンプラ無視の無許可業者様とトラブルになっても監督官庁はいませんので自己責任が求められます。

3.太陽光発電の施工実績が豊富

当社は元請けとしての太陽光発電施工をはじめ、商社様・ハウスメーカー様・家電量販店様・ホームセンター様の下請けとして太陽光発電施工を行っている太陽光発電専門施工会社であり、6,000件以上の施工実績があります。

4.20年間のメンテナンス

太陽光発電のメンテナンスフリーはウソです。太陽電池は半導体の集積であり、他の電子機器と比較すればメンテナンスが比較的不要でありますが、目視による定期点検なしには分からなかったであろう不具合が当社の点検においても多数発生しています。お客様の発電設備の能力を最大限に発揮し続けるためには長期に亘るメンテナンスが必要なのです。ぜひ、当社の営業担当者と接する機会をいただきご不明な事項をたくさんぶつけてください!

5.太陽電池モジュール・パワーコンディショナー

産業用・法人用太陽光発電においては、導入コストの安さから海外メーカーが注目されていますが、世界的な不況の中、太陽電池メーカーは過酷な競争を強いられている現状があります。太陽電池モジュールも海外製のいわゆるB級品が国内において多数流通しております。B級品であり買い手がいないから安いというただそれだけですが、安さに惹かれて飛びついては後々後悔する結果になります。
当社が取扱う海外太陽電池モジュールメーカーは、20年という長期間に亘り発電し続ける高品質な太陽電池であることがお客様にとって最も大切なことであると考えプロとしてコダワリを持ってメーカー選択・製品選択をいたしております。
太陽電池が普通であればシステムの異常は、ほぼパワーコンディショ ナーの異常です。パワーコンディショナーは、消耗部品を含みますので約15年に1回部品交換または交換が必要になります。パワーコンディショナーがストッ プすれば当然売電もストップします。パワーコンディショナーの選択においてはリスク分散の視点が大切です。産業用・法人用太陽光発電システムの設計は、お客様の設置場所の環境に応じて設計者の思いで異なります。お客様と長いお付合いをさせていただきたいという思いが同じ太陽の光を発電量に変えるのです。

6.電力系統接続費用・変圧設備設置費用

産業用・法人用太陽光発電設置においては、電力会社の電力系統への接続協議により確定する電力系統接続費用および変圧設備設置費用が存在します。ともに太陽光発電設置者が電力会社より請求を受けるものです。
また地面設置の場合は電柱設備工事がほぼ必要になります。請負契約の金額にこれらの費用が含まれるのか否かについて十分に説明を受ける必要があります。

産業用太陽光発電のご依頼

産業用太陽光発電の設置までの流れ

①お見積もりのご依頼

矢印

②設置場所の選定・設備の選定

矢印

③設計配置図・お見積りのご提示

矢印

④現場調査

矢印

⑤設置場所の確定・設備の確定

矢印

⑥ご契約

矢印

⑦電力会社との系統接続協議(代行)

矢印

⑧経済産業大臣への事業計画認定申請(代行)

矢印

⑨電力会社へ接続契約の申込(代行)

『売電価格・売電期間が確定』

矢印

⑩工事着工

矢印

⑪設備完成→試運転

矢印

⑫売電計量メーター設置により売電開始

『売電期間の起算開始』

矢印

⑬経済産業大臣への初期費用報告(当社作成)

矢印

⑭設備運転費用報告(年1回)

矢印

⑮発電し続ける設備のためのメンテナンス

『当社がメンテナンス責任者としてメンテナンスを実施』

産業用太陽光発電のご依頼
50kwを設置した場合 30年間の売電収入
産業用太陽光発電のご依頼
産業用太陽光発電投資なら『あんしん太陽光発電 エコの輪』にお任せください。

土地付き太陽光発電投資、自家消費型太陽光発電(太陽でんき)、太陽光発電ファンド、太陽光発電メンテナンスサービス、ソーラーシェアリング、200年住宅HABITA×太陽光投資など、様々な太陽光発電関連サービスを提供しております。