各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

50kW未満の太陽光発電を最大限に活かす方法

低圧用太陽光発電のメリットを最大限に生かす方法

50kW未満の太陽光発電

なぜ50kW未満の低圧太陽光発電システムは魅力的なのか?

現在のところ2014年までに経済産業省が認可した10kW以上の産業用と呼ばれる太陽光発電システム認定件数の中で50kW以上の高圧太陽光発電システムは全体の1.9%に過ぎず、「低圧用」と呼ばれる10kW以上50kW未満の太陽光発電システムが43.3%と人気を集めています。理由としてコストはもちろん事業開始時期、用地といった面で低圧用太陽光発電システムならではのメリットがあるためです。太陽光発電の過積載

低圧用太陽光発電の魅力

➀初期費用・ランニングコストが抑えられる

高圧太陽光発電の場合、キュービクル(変圧器)の設置といった保安体制や安全運用のため点検義務が求められる一方50kW未満の太陽光発電設備は住宅用と同じ低圧連系の部類に属し保安、維持管理等の届け出が不要です。また設置工事のための必要資格も第2種電気工事士以上と幅広くなっています。

➁早期の事業開始が可能

高圧連系の太陽光発電システムと比べると、50kW未満の低圧連系の太陽光発電システムは、電力会社との接続協議、管轄の消防署に提出する保安規定の届け出等が不要です。そのため、事業検討から受給契約までの過程が短くなります。また、設計、積算、工事期間も短くなり、事業を早く開始できるメリットがあります。

➂用地面積が抑えられる

50kW未満の太陽光発電システムは、モジュールの設置枚数、必要となる周辺機器数を抑えることができるため、広大な用地がなくても、遊休地をはじめ、工場・倉庫の屋根などにも設置することができます。
このように、低圧システムにはコスト削減をはじめとした様々なメリットがありますが、高圧システムにも、発電量が多いことにより売電による収入が大きくなるため採算性が高いといったメリットがあります。そこで、近年は低圧システムのメリットを得ながら、高圧システムのメリットも最大限受けようとする考え方が着目されています。

積載量の最適化

パワーコンディショナーの合計出力に対して太陽電池モジュールの合計出力の最大化させ投資効率を高める手法

「パワーコンディショナーの合計出力」よりも「太陽電池モジュールの合計出力」を大きくする、発電量を最大化することに重点を置いた設計により、高圧太陽光発電システムと同程度まで発電量を増やしながら、低圧用太陽光発電システムのメリットも受けられます。

経産省も認知する「積載量の最適化」

再生可能エネルギーの買取価格や買取期間を検討する、経済産業省の有識者会議「調達価格等算定委員会」が2015年2月24日に公表した「平成27年度調達価格及び調達期間に関する意見」に、積載量の最適化に関連した記述があります。「パネルの設置容量をパワーコンディショナーの容量よりも大きくすることで、設備利用率を上げるケースが常態化しつつある」と、太陽光発電システムの設備利用率が上昇している理由の一つとして述べられています。さらに補足説明では「最適容量までは、発電量の増加の効果が太陽光発電パネル費用の増加によるシステム費用 の増加分よりも大きいため、発電事業者は、最適容量までパネル容量を積み増すことによってkWh当たりの投資コストを最小化している」と、採算性を高める手法であると説明されています。 太陽光発電 また、低圧案件になるので法定点検は不要になります。※過積載が可能かどうかはパネル・パワコンメーカーによって異なりますのでご相談ください。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。