各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーはエネルギー源として永続的に利用することができると認められており資源が枯渇せず、繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となるCO2をほとんど発生しない優れたエネルギーです。経済産業省は、調達価格等算定委員会の「平成29年度以降の調達価格及び調達期間に関する意見」を尊重し、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の平成29年度の新規参入者向け買取価格及び賦課金単価等を以下の通りに決定しました。

太陽光発電

太陽光発電

太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式。太陽電池が組み込まれたソーラーパネルで太陽光のエネルギーを受け止め、そのエネルギーを電力に変換します。この発電した「直流電気」をパワーコンディショナーで「交流電気」に変換することで、送電線を通じて一般家庭で使える電力になります。

◯:導入メリット

  • ➀エネルギー源は太陽光なので資源の枯渇の心配はありません
  • ➁設備的に可動部分が少なく、メンテナンスは比較的容易です
  • ➂設置が比較的容易で土地や屋根の上に設置ができるので、限られたスペースにも設置でき、開発において環境アセスメント等の権利関係の調整が不要です
  • ➃災害時などには、貴重な非常用電源として使用可能です

×:導入デメリット

夜間は発電できず、また気候条件により発電出力が左右されます。

住宅用太陽光発電(10kW未満)

以下のとおり平成31年度まで決定。
電源 規模 平成29年度 平成30年度 平成31年度
太陽光(出力制御対応機器設置義務なし) 10kW未満 28円 26円 24円
太陽光(出力制御対応機器設置義務あり) 10kW未満 30円 28円 26円
太陽光(出力制御対応機器設置義務なし、ダブル発電) 10kW未満 25円 24円
太陽光(出力制御対応機器設置義務あり、ダブル発電) 10kW未満 27円 26円
※平成28年8月1日以降に接続契約を締結した住宅用太陽光(10kW未満)については、新認定制度における認定時(旧制度の認定取得者は、みなし認定移行時)から1年間の運転開始期限が設定され、運転開始期限を超過した場合は、認定が失効になります。

非住宅用太陽光(10kW以上2,000kW未満)

以下のとおり平成29年度まで決定。
電源 規模 平成29年度
太陽光 10kW以上2,000kW未満 21円+税
※平成28年8月1日以降に接続契約を締結した非住宅用太陽光(10kW以上)については、新認定制度における認定時(旧制度の認定取得者は、みなし認定移行時)から3年間の運転開始期限が設定され、運転開始期限を超過した場合は、超過した期間分、買取期間が短縮されます(原則として日単位)。

非住宅用太陽光(2,000kW以上)

2,000kW以上の非住宅用太陽光については、入札制に移行し、落札した価格が買取価格となります。(平成29年10月頃に第一回入札を実施予定)※なお、2,000kW以上の非住宅用太陽光について、平成29年3月31日までに旧法で認定を得て、9ヶ月間の経過措置の適用を受けて平成29年4月1日以降に接続契約を締結し、新法でのみなし認定に移行した場合は、2,000kW未満と同等の価格を適用します。 太陽光発電の改正FIT法

地熱発電

地熱発電

地中に眠る熱エネルギーを使った発電方式。地下に蓄えられた地熱エネルギーを高温蒸気や熱水として取り出し、タービンを回して発電。

◯:導入メリット

  • ➀豊富な地熱資源があり、枯渇の心配がない。
  • ➁出力が安定、昼夜を問わず発電できる。
  • ➂発電に使用した熱水は、農業用ハウスや魚の養殖、地域の暖房などへの再利用可能。

×:導入デメリット

  • ➀開発に10年程度の期間がかかる
  • ➁開発費用が高額
  • ➂開発地域は温泉や国立公園などの施設と重なるため、地元の関係者との調整が必要。
15,000kW未満、以上ともにリプレース価格区分を創設し、以下のとおり平成31年度まで決定。※新設価格は平成31年度まで据え置き。
電源 規模 平成29年度 平成30年度 平成31年度
地熱 15,000kW以上 26円+税
地熱 15,000kW未満 40円+税
地熱(全設備更新型リプレース) 15,000kW以上 20円+税
地熱(全設備更新型リプレース) 15,000kW未満 30円+税
地熱(地下設備流用型リプレース) 15,000kW以上 12円+税
地熱(地下設備流用型リプレース) 15,000kW未満 19円+税

風力発電

風力発電

風力発電は風の力(風力)を利用した発電方式。風の力で風車を回し、その回転運動を発電機に伝えて発電。

◯:導入メリット

  • ➀発電コストが比較的低い。
  • ➁工期が短い。
  • ➂昼夜を問わず発電でき、発電効率も良い。

×:導入デメリット

  • ➀風況に左右され、日本では安定的な電力供給ができる場所が少ない。
  • ➁周辺環境との調和、日本固有の台風などの気象条件に対応した風車の開発、電力系統に影響を与えないための技術開発の必要性があります。
①20kW以上陸上風力
リプレース価格区分を創設し、以下のとおり平成31年度まで決定。
電源 規模 平成29年度 平成30年度 平成31年度
風力(陸上風力) 20kW以上 21円+税(平成29年9月末まで22円+税) 20円+税 19円+税
風力(陸上風力リプレース) 20kW以上 18円+税 17円+税 16円+税
②20kW未満陸上風力:平成28年度価格を平成29年度まで据え置き。
③洋上風力:平成28年度価格を平成31年度まで据え置き。

水力発電

水力発電

水力発電は水の流れ(水力)を利用した発電方式。ダムなどの落差活用により、水を落下させ、その際のエネルギーを用いてタービンを回して発電します。

◯:導入メリット

  • ➀農業用水路や小さな河川でも発電できる。
  • ➁流れ込み式中小水力発電所は、河川や用水路の流れなど、自然の地形をそのまま利用するので、ダムなどの施設は不要です。

×:導入デメリット

  • ➀発電出力は地域(地点)が有する使用可能な水量や有効落差などの条件に左右されます。
  • ➁環境保護の観点から魚などの動植物への影響度調査が必要な場合があります。
  • ➂コストが高く、投資に対する回収期間が長いです。
①1,000以上30,000kW未満の価格区分を、1,000kW以上5,000kW未満、5,000kW以上30,000kW未満で区分分けし、以下のとおり平成31年度まで決定。既設導水路型も同様。
電源 規模 平成29年度 平成30年度 平成31年度
水力 5000kW以上30000kW未満 20円+税(平成29年9月末まで24円+税)
水力 1000kW以上5000kW未満 27円+税
水力(既設導水路活用型) 5000kW以上30000kW未満 12円+税
水力(既設導水路活用型) 1000kW以上5000kW未満 15円+税

②水力(その他の区分):平成28年度価格を平成31年度まで据え置き。

バイオマス発電

バイオマス発電

生物資源を燃焼する際の熱を利用して電気を起こす発電方式。動植物などの生物資源(バイオマス)をエネルギー源とし、循環燃焼またはガス化して発電します。

◯:導入メリット

  • ➀廃棄物の再利用や減少につながる。
  • ➁天候に左右されにくい。

×:導入デメリット

  • ➀原料の安定供給や原料の収集
  • ➁運搬・管理にコストがかかる
①バイオマス(一般木質バイオマス・農産物の収穫に伴って生じるバイオマス)の価格区分を2,0000kW以上、未満で区分分けし、以下のとおり平成31年度まで決定。
電源 規模 平成29年度 平成30年度 平成31年度
バイオマス(一般木質バイオマス・農産物の収穫に伴って生じるバイオマス) 20,000kW以上 21円+税(平成29年9月末まで24円+税)
バイオマス(一般木質バイオマス・農産物の収穫に伴って生じるバイオマス) 20,000kW未満 24円+税

②バイオマス(その他の区分):平成28年度価格を平成31年度まで据え置き。

まだ間に合う!太陽光発電

日本の法律に基づき、再生可能エネルギーを普及させることを目的として「再生可能エネルギー固定価格買取制度」が運用されています。固定価格買取制度が途中で買取られなくなる・途中で価格が下がるということは一切ありません。固定価格買取制度は平成23年8月26日に成立した、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(再エネ特措法)に基づいて実施されています。買取価格や期間については、調達価格等算定委員会(算定委)の意見に基づき、経済産業大臣が毎年度告示します。平成24年度の価格・期間については平成24年6月18日に告示、平成25年度の価格・期間については平成25年3月29日に告示、平成26年度の価格・期間については平成26年3月25日に告示、平成27年度の価格・期間については平成27年3月22日に告示しました。
一旦適用された価格は、「物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要と認められる場合」(法第3条第8項)の他は、変更されることはありません。「物価その他の経済事情に著しい変動」とは、急激なインフレやデフレのような例外的な事態を想定しております。
金融機関は再エネ特措法による買取制度に基づく発電事業者にこれまでも多大な融資を行ってきました。途中で買取られなくなる・途中で価格を下げるとなると、日本政策金融公庫をはじめとする金融機関の貸倒リスクは計り知れません。
海外からの多大な投資資金も流入している中、途中で買取られなくなる・途中で価格を下げるとなると、日本のカントリーリスクに発展する恐れもあるでしょう!
経産省は固定価格買取制度の見直しに向けて平成26年10月15日に設けられた小委員会によって改正された制度が施行されています。この問題は想定外の太陽光発電の設備申請がされていることが原因であり、裏を返せば、固定価格買取制度に基づく太陽光発電投資が他に類を見ない魅力的な投資先だということです。経済産業大臣宛の設備申請および電力会社への接続申し込みをお急ぎください!

電力買取価格の今後の展望

太陽光発電へ投資を行い電気の買取を電力会社へやってもらって元を取ろうという事が出来るのは実は今だけということをご存知でしょうか。太陽光発電の買取価格は実は下がっている一方にあり、今の機会を逃すと電力を売ったとしても大した金額にならないという可能性があるので、元が取れないとなってしまう可能性があるようです。

現在の電力の住宅用太陽光発電の買取価格は33円となっており、通常であれば電力会社からは1kwあたり大体18円から29円ぐらいで電気の買取を買い取り、使用している状態なので、売る価格の方が約4円程お得な計算になっていますが、通常より高い金額での買取を電力会社が行ってくれているからであり、その理由は国が太陽光発電の投資で普及拡大プロジェクトを行っているからであり、電力会社にとって現在は赤字でもできるだけ太陽光発電へ投資を行い普及させようという国からの指示があるからなのです。

つまりこの電力会社が太陽光発電へ投資をしている人々から電気を高く買い取ってくれる現在の状況というのは長く続くものではなく、今後の電力会社次第という事になりますが、実際赤字価格な訳ですから、買取価格を引き下げようと考えるのは当然の事ですし、実際に2013年の3月までは42円で買い取っていた のを2016年4月からはで33円まで引き下げていますから、1kwあたり9円も既に引き下がっている状態です。現在ならまだ高価格での売電が成立する状態ですが、価格が引き下がってしまった後に太陽光発電を利用しようと考えた場合、初期費用の回収がほぼできない状態になってしまうという可能性があると言えます。

買取価格が引き下がるとわかっている今、太陽光発電への投資を考えないままで過ごしていると、いざ導入しようと思った時には売電した時の価格が安いという 理由で初期費用の元をとるまでにかなりの時間を有するような状態になってしまうという可能性もあり、電力の買取価格が高い今現在こそが太陽光発電へ投資するべき良い時期だと言う事が言えます。

この先に少しでも太陽光発電へ投資を行うつもりがある状態なのであれば、買い時は今という事は変わりませんし、今後の事は解らない状態で、どちらかと言えば段々売電価格なども下がって導入しづらくなっていく可能性が高いと言えるので、今現在の段階で太陽光発電へ投資を導入しておこうかな等と迷われている方は早めに検討をされていた方がお得に導入をする事が可能です。設置する場所がない方でも太陽光発電投資が可能な土地付き太陽光発電投資サービスもございます。さぁ今すぐ、太陽光発電の投資をご検討下さい!

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。