各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

山梨県の太陽光発電投資実績

私共が設置した太陽光発電実績をご紹介いたします。都道府県別に設置させて頂いた太陽光発電物件実績や、実際にご設置頂いた投資家様の声を掲載しています。


太陽光発電は立地条件によって発電量にかなりの差を生じます。例えば、同じ山梨県内に位置する住宅であっても、発電量に数十パーセントもの開きが出る可能性が考えられます。時には隣接する住宅ですら差が生じるので、「近所の人から勧められたのでうち・・・」と簡単に導入を決断することはできません。

発電量を大きく左右する要素の一つに屋根の面積が挙げられます。通常、太陽電池パネルは屋根に設置します。同じ性能のパネルを使用した場合、発電量はほぼパネルの設置面積に比例するので、屋根が狭いとそれだけ発電量は少なくなる傾向があります。面積に加えて、屋根の角度も重要なポイントです。パネルが最も性能を発揮するのは水平から30度の角度だといわれています。屋根の方角も考慮する必要があり、南向きであればパネルの性能をフルに発揮できるといわれていますが、北向きの場合性能が4割も低下する恐れがあります。

太陽光発電は、文字通り太陽の光(日照)によって発電します。そのため、パネルが影に隠れてしまうと十分な性能を発揮できません。ビル、樹木、電柱や送電線の鉄塔、電線、アンテナなど、いずれも影を生じる障害物として注意が必要です。

上記のように日当たりの良い土地を持っていないお客様でも太陽光発電投資が可能な太陽光発電設備と土地がセットになった「土地付き太陽光発電」を当社では販売しております。日当たりのよい土地を所有されている不動産会社様からご紹介いただいた坪単価の安い土地を土地や屋根を所有していないお客様でもミドルソーラーを設置して全量買取制度を活用することができます。

地上用太陽光発電
大月市O様 トリナソーラー太陽光発電55.08kw

■年間予想発電量:56,901kwh■傾斜角:10度■パネル品番:TSM-255PC05A 大月市O様大月市の発電量

北杜市K様 トリナソーラー太陽光発電57.24kw

■年間予想発電量:64,854kwh■傾斜角:10度■パネル品番:TSM-265DC05A 北杜市K様北杜市の発電量

北杜市S様 トリナソーラー太陽光発電108.00kw

■年間予想発電量:129,202kwh■傾斜角:20度■パネル品番:TSM-250DC05A 北杜市S様北杜市の発電量