各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

静岡県の太陽光発電投資実績

私共が設置した太陽光発電実績をご紹介いたします。都道府県別に設置させて頂いた太陽光発電物件実績や、実際にご設置頂いた投資家様の声を掲載しています。


愛知でも着実に普及が進んでいるが太陽光発電です。需要の高まりに合わせて装置も多様化が進んでおり、新規の製造メーカーも続々と市場に参入しています。消費者の立場からすれば、選択肢がたくさんあるのは嬉しいことですが、中にはどのメーカーにすべきか、迷ってしまう方もいることでしょう。競争の激しい分野においては情報収集が難しい面もあるので、以下、太陽光発電を選ぶ際の比較事項を確認しておきましょう。

太陽光発電を購入するときにまず見ていただきたいのが各メーカーの太陽電池モジュールの「最大出力」です。最大出力とは、太陽光によって発電可能な電力の最大値のことで、パネル一つにつき30〜240ワット程度の出力差が存在します。最大出力はパネルの枚数に比例することになりますから、同じ性能のパネルを設置する場合、設置場所が広い(たくさんのパネルを設置できる)ほど最大出力も大きくなります。発電量は「変換効率」で表示される場合もあります。変換効率とは単位面積あたりの最大出力のことで、変換効率が高いほど、小さな面積でより多くの発電ができるということになります。

太陽光発電は大きさ(寸法)もポイントです。一般に、一枚あたりのパネルの寸法が小さなメーカーほど、多くの枚数を無駄なく設置することができるので、変換効率が高くなります。費用を算出するうえでも最大出力や発電効率は大きなポイントになります。各メーカー独自の保証期間なども用意していますので比較しておくとよいでしょう。

地上用太陽光発電産業用太陽光発電
浜松市M様 トリナソーラー太陽光発電16.50kw

■年間予想発電量:18,764kwh■傾斜角:10度■パネル品番:TSM-255PC05A 浜松市M様浜松市の発電量

菊川市O様 トリナソーラー太陽光発電36.00kw

■年間予想発電量:42,649kwh■傾斜角:10度■パネル品番:TSM-250PC05A 菊川市O様菊川市の発電量

浜松市H様 トリナソーラー太陽光発電45.90kw

■年間予想発電量:54,354kwh■傾斜角:10度■パネル品番:TSM-255PC05A 浜松市H様浜松市の発電量

静岡市M様 東芝太陽光発電20.00kw

■屋根形状:切妻 ■屋根材質:平板瓦■パネル品番:SPR-250NE-WHT-J

0515shizuokas01