各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

徹底検証!太陽光発電が環境にやさしいのはウソ?ホント?

太陽光発電システムに「環境にやさしい」というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。ところが、最近では太陽光発電が環境に及ぼす悪影響など、さまざまな問題点が指摘されています。この記事では、太陽光発電が環境にやさしいという話は本当なのか嘘なのかを、科学的な根拠や肯定・否定双方の意見を紹介しながら、徹底検証していきます。

環境問題と太陽光発電

環境問題に直面している地球

太陽光発電システムと環境問題には、切っても切り離せない密接な関係があります。それは、太陽光発電システムの開発・普及している理由とも重なります。

現在も、世界のエネルギーの多くは石油や石炭などの「化石燃料」に依存しています。石油や石炭などの化石燃料は、あらかじめ量が決まっているため、いつかは枯渇してしまいます。そのとき、人類はエネルギー不足に陥り、社会はその機能を十分に果たせなくなってしまう可能性があります。その打開策として期待されるのが、太陽光発電システムをはじめとした「再生可能エネルギー」です。

また、「化石燃料」を使いつづける問題点は他にもあります。ここ何年かで特に大きく報じられるようになり、多くの方々も知ることとなった「地球温暖化」問題です。地球温暖化は、化石燃料を使用するガソリン車などから発生する二酸化炭素によって進行していきます。地球温暖化がこのまま進行すると、100年間で4度程度も地球の温度があがり、異常気象による猛暑日の増加や洪水など様々なリスクが警告されています。太陽光発電システムは、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない「クリーンな発電技術」として普及した側面もあるのです。

太陽光発電が環境に良いとされる理由・根拠

大規模な太陽光発電所

上記で説明したように、地球温暖化は人類に共通して差し迫っている脅威です。この地球温暖化を止めるために、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出せずにエネルギーを作ることができる太陽光発電システムは、大きな役割を担っていると言っても過言ではありません。

また、化石燃料に依存した現在の社会システムから、再生可能エネルギーを最大限活用した社会システムに変化することによって、エネルギーが枯渇する心配がなくなります。将来は、エネルギーをめぐる争いが起きなくなり、ひいては地球環境を守ることに繋がるという期待もされています。

脱原発へも欠かせない太陽光発電システム

日本が東日本大震災で目の当たりにしたのは、津波の脅威だけではありませんでした。目に見えない放射能の恐ろしさや、廃炉の難しさなど、「原子力発電所」に対する不安大きくなりました。事故が起これば農作物や漁業、地域に甚大な影響を与えてしまう原子力発電所は、地球温暖化よりも直接的な環境被害を及ぼしてしまう可能性があります。

もし、今後原発に依存しない社会を目指すのであれば、太陽光発電システムをはじめとした再生可能エネルギーは不可欠な存在でしょう。

太陽光発電が環境に悪いとされる理由・根拠

太陽光発電は温室効果ガスを出さないクリーンな発電方法ですが、環境に悪いとする理由や根拠も存在します。

たとえば、ソーラーパネル製造時に温室効果ガスが発生してしまうという事実です。発電中は温室効果ガスを出さない太陽光発電システムでも、その部品を製造する段階では、どうしても温室効果ガスが発生してしまうのです。

また、ソーラーパネルの製造には、腐食剤(水酸化ナトリウム、フッ化水素酸など)が使用されるため、環境への影響が懸念されています。

コスト重視の新規参入メーカーの存在も

太陽光発電システムを製造するメーカーは、地球環境に配慮した優良メーカーも存在していますが、反対に利益優先・コスト重視で環境に配慮しないメーカーも存在しています。

中にはソーラーパネルの製造過程で出た有害物質を河川に流し、住民とトラブルになるケースもあるなど、問題視されています。

大規模ソーラー設置のための森林伐採

最近では、広大な土地に大規模な太陽光発電システムを設置する際、森林の伐採や景観を壊すなどの理由で、近隣住民からの反対を受けるケースも増えてきました。

もちろん、太陽光発電の設置は近隣住民の理解を得た上で行うのが前提ですが、中には反対を押し切って強引に設置してしまう業者もいるようです。

このような理由から、「太陽光発電は本当にクリーンな発電方法なのか?」と疑問を抱く方も多く居ます。

環境問題で太陽光発電に肯定的な意見

環境問題において、太陽光発電を肯定する意見の一部を紹介します。

  • 二酸化炭素を排出しない太陽光発電システムには賛成です。また、再生可能エネルギーの中でも特に太陽光発電を応援しています。その理由は、風力発電、地熱発電、水力発電などの再生可能エネルギーは、個人が自宅で設置することができないからです。個人が自宅に設置して発電することができる太陽光発電が、一番地球という環境に寄り添った発電方法だと思っています。
  • 太陽光発電システムの問題点はいろいろと聞きますが、今後は技術的な進歩によって発電効率の向上が期待できると思います。その結果、小型でも十分に発電できるようになれば、今のような大規模な設置は必要なくなるかもしれません。なんにせよ、地球温暖化を防ぐためにも、太陽光発電の技術はこれからどんどん進歩させていくべきです。

環境問題で太陽光発電に否定的な意見

環境問題において、太陽光発電を否定する意見の一部を紹介します。

  • 二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない太陽光発電の意義は素直に認めますが、その製造コストや、発電量が天候によって左右されることから、あまり信用していません。また、パネルの製造段階に温室効果ガスが出るなら、結局は地球環境を悪化していると思います。
  • 太陽光発電はクリーンな電力だと思っていたが、森林を伐採してまで設置する必要はないと思う。森林が減れば二酸化炭素が吸収されなくなり、結局は地球温暖化だって進行してしまう。また、観光地の場合は景観だって損なわれてしまう。住民としっかり話し合わずに工事を進めてトラブルになる事例もあるという。太陽光発電はたんなる事業者の金儲けだと思われても仕方がないと思う。

まとめ

太陽光発電システムと環境問題の関係について、さまざまな視点から解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

太陽光発電システムが環境に良いとする意見は、なんといっても石油・石炭などの化石燃料に依存しないエネルギー源として、そして進行している地球温暖化への対策です。

太陽光発電システムが環境に悪いとする意見では、太陽光発電の部品を製造する段階で、結局は二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させてしまうという点。また、大規模メガソーラーなどで森林が伐採されているという現実です。

また、太陽光発電システムの環境問題について肯定・否定それぞれの意見には、個人で設置できる発電方法であることや、これからまだまだ技術革新の余地がある発電方法であることなどが挙げられました。

結局のところ、太陽光発電システムは環境に良い面もあるし、悪い面もあるということなのかもしれません。どの意見を信じるかは、その人の考え方や立場によって異なるとおもいます。ただし、ひとつ言えるのは、石油や石炭などの化石燃料はいつか無くなりますし、地球温暖化は確実に進んでいるという点でしょう。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

こちらもおすすめ