各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽光発電の「高圧」「低圧」は何が違う?気になる疑問を解決!

太陽光発電は専門用語が多くて、よくわからないと思っていませんか? 専門用語だらけの説明を聞くと、素人からすれば「だまされるのではないか」と不安になることもあるでしょう。なかでも疑問に感じやすいのが、太陽光発電の「高圧」と「低圧」です。よくわからないまま手を出してしまうと、思わぬトラブルにもつながりかねませんので、ここで詳しくチェックしておきましょう。

太陽光発電は「低圧」と「高圧」に分けられる

電気事業法における「高圧」とは

電気事業法における「高圧」とは、50kW以上の高圧連携による大規模発電所のことを指します。50kW未満の低圧連携を指す「低圧」とは電気事業法上でも違いがあり、設置を検討する際には注意が必要です。ちなみに2,000kW以上の設備を「特別高圧」と呼び、売電単価にも差が出ます。

まず、「高圧」の場合には発電所(自家用電気工作物)と位置づけされ、経済産業省令で定められる技術基準に適合させ、安全に維持・管理する義務が発生します。また、電力会社へ毎月基本料金を払う、管轄消防署等へ保安規定を届け出なければならないなど、「低圧」と比較すると縛りも大きいのが特徴です。このほかにも、キュービクル(変圧器)の設置が必須であったり、電気主任技術者を選任し届け出なければならなかったりといった決まりがたくさんあります。設置時には維持及び運用に関しては第一種電気工事を選定する必要があります。特別高圧の場合は1施設に1人必要になる為、設置やメンテナンス費用、さらには年間契約費などのランニングコストが発生するのです。

電気事業法における「低圧」とは

「低圧」は、先ほどご紹介したように50kW未満の設備を指し、電気事業法上では小規模発電所(一般用電気工作物)とみなされます。設置を担当する電気工事士は第二種免許でもよく、「高圧」のような消防署等への届け出といった面倒な手続きも不要です。
また、規模としても小さくなるため空き地や倉庫の屋根といった場所を使用することも可能。電気主任技術者の選任も必要ありません。「低圧」の場合、「高圧」よりも手軽に参入できることが何よりの魅力といえるでしょう。

「高圧」の太陽光発電システムを設置するメリット・デメリット

夕日に照らされた太陽光発電t投資

費用や手間が掛かるのに、どうして「高圧」の太陽光発電システムを設置する人がいるのか? と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、その答えは明白です。

まず、スケールを活かした太陽光投資ができること。次に、1kWあたりのシステム単価が「低圧」と比較して安く、初期費用が回収しやすいことなどが挙げられます。

ただし、スケールを大きくするには面積が必要となりますので、ローン審査に通るか否かも重要なポイントです。また、先ほど紹介したような手続きの煩雑さ、電気主任技術者や電力会社に支払う費用が発生することなどがデメリットとして挙げられます。つまり、「低圧」と比べると効率よく稼げるものの、ランニングコストも考えて運営しなければならないということです。ランニングコストを回収するためには中途半端な発電設備だと損をしてしまうため、必然的に大きな設備が必要となります。このようなわずらわしさを避けるために、以前は「低圧分割」と呼ばれる「低圧」装置を複数設置する人もいましたが、これは2014年4月より禁止されています。

もうひとつ注目したいのが、固定価格買取制度の費用と期間です。2018年度の場合、10kW未満の装置は24~26円(出力抑制により変動)となっていますが、10kW以上2,000kW未満の設備は21円(+税)。単価でみると10kW未満の「低圧」装置がお得に感じられますが、買取期間は「高圧」の方が長く取られており、長期的な投資が可能です。なお、2,000kW以上の装置については入札制度となりますので、ご注意ください。

「低圧」の太陽光発電システムを設置するメリット・デメリット

屋根に低圧太陽光発電システムをつけた家

「低圧」の太陽光発電システムを設置する一番の魅力は、「高圧」よりも初期投資額やランニングコストを低く抑えられることです。小規模になるためローン審査も通りやすく、初心者でも気軽に参入できます。キュービクルの購入費用や主任技術者への委託費用といったコストが掛からない分、費用面でのメリットは高いといえるでしょう。ただし、「低圧」にもデメリットはあります。それは、設置面積が狭いため「高圧」ほどの売電収入を得られないことです。

ところが、経済産業省の都道府県別導入件数を見てみると、50kW未満の「低圧」設備導入数は圧倒的に多く、いかに需要が高いかがよくわかります。これは、ローン審査の問題や手に入る面積が限られていることなどから、中途半端な「高圧」設備にむやみに手を出すよりも「低圧」の方が効率よく費用回収できることが理由として考えらえるでしょう。

2014年4月から「低圧分割」は禁止に

低圧分割とは、単純に説明すると50kW未満の設備を複数設置することを指します。例えば、トータル100kWの発電設備が設置できる土地に、45kWの「低圧」設備を2つ構えるといった方法です。

「高圧」設備には先述したようにランニングコストが掛かるため、100~200kWなどの設備になると費用が売電収益を上回るリスクも考えられます。そのため、こういった低圧分割が一時期行われていたのです。
禁止対象となっているのは、

  • 同一の申請者からの同時期、または近接した時期に複数の同一種類の発電設備の申請
  • 複数の申請に係る土地が相互に近接し、実質的に一つの場所と認められるもの

です。

ローン審査の関係で広いスペースが使用できない場合には、「低圧」設備を設けるか、土地付き太陽光投資を検討してみるというのも、ひとつの手でしょう。

状況・ニーズにマッチした投資方法で太陽光発電を始めよう

いかがでしたか? 太陽光発電には「高圧」「低圧」の違いにより導入コストやランニングコスト、収入などに大きな差が出ます。初期コストを抑えて太陽光投資を行うなら「低圧」を、スケールを活かした投資なら「高圧」といった選択肢がありますが、それぞれメリット・デメリットがあるので気をつけましょう。もちろん、ローン審査の結果によっても変わってきますので、どちらを選ぶのがより効率的か、しっかり吟味したうえで選んでくださいね。

参考サイト:

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

こちらもおすすめ

土地の有効活用始めませんか。

相続などで取得した土地、その中でも交通に不便な山の中であったり農業をしていたあと地など使い道に困っている土地はありませんか。 固定資産税がかかり、遠方にあれば管…続きを読む