各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

学資保険としての太陽光発電投資なら子供の将来も安心

子供の将来に備えて、どこの学資保険に入ろうか検討している方も多いでしょう。しかし、学資保険は確実にお金が貯められるというメリットがある反面、さまざまなリスクも潜んでおり、「個人で貯蓄や投資を行った方が良いのでは?」という考えを持つ人も多くいます。そんな方にお勧めなのが、安定した収入が得られる太陽光発電です。

学資保険

学資保険とは子供の教育費に掛かるお金の「補助」を目的とした保険で、高校・大学進学といった節目に給付金という形でお金を受け取ることができます。万が一、親が先に死んでしまった場合にはそれ以降の保険料支払いが免除されるうえ、死亡やケガによる給付金が下りるところもあります。

学資保険

確実にお金が貯められる!学資保険のメリット

学資保険のメリットのひとつは、確実性。お金を貯めるのが苦手な方もなかにはいると思いますが、学資保険ならば毎月決まった額を積み立てられるため安心です。また、利率も定期貯金と比較して高く、返戻額が100%を超えるプランも数多く見られます。さらに、生命保険のような役割を持つ学資保険では、契約者にもしものことがあっても保険料は免除され、進学などの節目に給付金を契約通り受け取ることができます。生命保険料控除の対象にもなるため、所得税や住民税などから一定額が控除されるという点も魅力的です。

意外なリスクが潜む?学資保険のデメリット

学資保険のデメリットのひとつは、換金性が低いこと。学資保険は普通貯金と違いいつでも引き出せるものではありませんので、「今お金が必要」というときに使えないのが大きなデメリットです。また、インフレに弱いのも学資保険のリスク。例えば、子供の高校進学時に50万円の給付金が下りる契約をしていても、そのときの物価は予測できません。ひどい場合には、3割程度、価値が毀損することも考えられます。
さらに、元本割れのリスクも学資保険には潜んでいます。例えば、18年契約の学資保険で月額保険料が1万円だったとします。そうすると、支払いの総額は1万円×12か月×18年=216万円。しかし、受取額の総額が200万円だとすると、16万円もの損失が出てしまいます。学資保険が元本割れしやすい理由は、親が死亡したときや子供が病気になったときなどの保障が付加されているからです。もちろん、こういった保障を目的として学資保険を掛けたいという場合にはぴったりですが、何も起こらなかったときには丸々損をしてしまいます。元本割れしないためには、契約前にきちんとプランを確認しておくことが重要です。
また、銀行に預けるよりも利率が良いというメリットが学資保険にはありますが、銀行のようなペイオフ制度がありません。もし保険会社が経営破たんした場合には、保険会社保護機構により9割までは保護されますが、1割は失う結果となります。こうやってみてみると、意外なところに大きなリスクが潜んでいることがよくわかります。しかし、太陽光発電ならば、保険よりも上手に資産運用することが可能です。

単に貯金するよりも上手に資産運用して将来に備えたいという場合には、太陽光発電投資がおすすめです。当然ながら太陽光発電にもメリット・デメリットがありますので、まずはそこから確認していきましょう。

太陽光発電投資

太陽光発電

◯:導入メリット

学資保険の場合、生命保険のような役割があることをご紹介しましたが、太陽光発電投資のうま味は何でしょうか?
まず、固定価格買取制度により安定した収入が見込めること。固定価格買取制度とは、定められた期間一定の金額で電気を買い取ってくれるよう国が保証する制度です。ただし、システム容量が10kWを超えるか否かによって「余剰買取」か「全量買取」の2種類に分かれ、買取期間も10年/20年と差が出るため気をつけましょう。
次に、株やアパート経営の場合には、下落や空室といったリスクがつきものですが、太陽光発電にはこれらがありません。安定した収入を長期間見込めるうえリスクが低いので、初心者でも始めやすい投資といえます。
また、学資保険の場合換金性が低いというデメリットがありましたが、太陽光発電投資では「売電収入」という形でお金が入ってくるので、必要なときにお金を引き出すことが可能です。もちろん、これを学費以外の目的に充てることもできるため、用途が幅広いことも魅力といえるでしょう。

×:導入デメリット

太陽光発電にももちろんデメリットはあります。ひとつは、初期費用が掛かること。また、現在は固定価格買取制度によって収益が期待されますが、期間終了までに制度が変更される可能性もゼロではありません。災害が起こった際にはパネルの破損も考えられますし、経年劣化・故障などを防ぐため定期的なメンテナンスは不可欠です。地域によっては「出力制限」を受けることもあり、一定期間売電収入が得られないことも考えられます。

学資保険より太陽光発電を勧める理由

どちらもメリット・デメリットがあることは分かったけれど、どうして太陽光発電投資が良いのかわからないという方もいるでしょう。その理由は、まず子供が育った後も太陽光発電のメリットが受けられること。学資保険の場合、子供が18歳になるまでといった定められた期間にのみ有効ですが、太陽光発電はメンテナンスをきちんと行っていれば、子供が巣立った後も活用できます。固定買取制度により20年間安定した収入が見込めるため、学資保険のような元本割れのリスクがないことも魅力です。もちろん、固定買取制度終了後も設備は活用できるので、電気代を節約してそのお金を旅行や老後の資金などに充てるといった工夫も考えられるでしょう。
また、学資保険の大きな落とし穴は、学費を総合的に賄うことはできないこと。あくまでも補助的な役割であって、子供の進学先によっては給付金では間に合わないこともあります。太陽光発電の場合、毎月どの程度収入を得たいのか、将来的にいくら必要なのかを計画して設備を設置することで、プラスαの金額も見積もることが可能です。

リスクの低い太陽光発電投資で子供の将来に備えよう

学資保険・太陽光発電のいずれもデメリットはつきものですが、元本割れやインフレなどのリスクから考えると太陽光発電投資の方がおすすめです。学費以外の用途が検討できる面でも魅力的ですので、子供だけでなく自分の老後に備えることもできます。リスクの低い太陽光発電投資で、子供の将来に備えてみませんか?

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。