各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽光発電にバッテリーは不可欠?バッテリーのメリットと選び方

太陽光発電システムを導入する際、バッテリーを付けるかどうかで迷う人も多いでしょう。バッテリーを購入すれば災害時に役に立つうえ節約にもなりますが、投資として考えると費用対効果があるのかどうかも重要です。そこで、はじめにバッテリーのメリットやデメリットを見つめなおしたうえで、正しい選び方をご紹介します。

バッテリーのメリット・デメリットとは

メリットとデメリットを計算する

バッテリーを利用する際のメリット

ここでのバッテリーとは「蓄電池」のことを指し、太陽光発電システムに利用するものをいいます。鉛やリチウムイオン電池、ニッケル水素など用途に応じてさまざまな種類のものが販売されていますが、家庭用太陽光発電で主流なのは「リチウムイオン電池」、大容量・長時間の電力貯蔵には「NAS電池」が適していると言われています。

バッテリーの主なメリットとして挙げられるのは、停電時や夜間でも蓄電した電気を利用できること。また、発電した電気を効率よく利用することができ、売電量を増やせるので、家庭用の太陽光発電システムに合わせて設置する人が増えています。家庭用蓄電池の場合、国や自治体の補助が受けられることからも人気で、料金が高い日中の電気を蓄電池でまかなうといった用途も検討できます。売電だけでなく節約にも役立つため、メリットの大きい買い物といえるでしょう。

企業の場合、予備電源としてバッテリーを利用することが多く、停電時にパソコンの非常電源としても活用できます。

バッテリーを利用する際のデメリット

反対にバッテリーを利用する際のデメリットとしては、費用が高く設置スペースが必要であること、寿命が長くないことなどが挙げられます。

バッテリーは一般的に容量によってサイズが決まってくるため、大容量になればなるほどスペースが必要となり、また価格も高額になります。家庭用の場合、パワーコンディショナーと一体型となったタイプが販売されており、このスペース問題も解消されつつあります。産業用の場合は屋外に設置することが可能ですが、雨風などへの対策が必要となることに注意しましょう。

また、バッテリーはパソコンや携帯電話などと同様に、充電を繰り返すたびに寿命が短くなってしまいます。

目的に合わせたバッテリー選び

バッテリーを選ぶ際には、パネル出力はもちろん、目的を考えておくことが重要です。ここでは、「家庭用」「産業用」といった目的別にバッテリーの選び方をご紹介します。

家庭用バッテリーの選び方

家庭用バッテリーでは、多くの方は節電や売電を目的にしているのではないでしょうか。この場合、まずは電気使用量の把握からはじめる必要があります。一番簡単な方法は、毎月の電気料金の請求書に記載される「使用電力量」を確認すること。これに太陽光発電システムの発電量を加味し、バッテリーの蓄電容量・出力などを割り出していきます。

気をつけておきたいことは「最大出力」と「連続出力」の2つで、前者は一定時間に出せる最大の電力、後者は連続して出せる電力を指します。投資としてバッテリーを取り入れるならば、消費電力が「最大出力」や「連続出力」を下回ることが重要です。

また、家庭用の場合コンセントにつないで使用するポータブルタイプと、配線工事を行う2種類がありますが、小型になると蓄電容量が少なく使用できる範囲も狭まります。家庭用では5~7kWの蓄電容量が一般的ですが、非常時に電源として活用できるかどうか、どれくらいの売電量が出るのかなども念頭に入れておきましょう。

産業用バッテリーの選び方

産業用バッテリーの場合、節電という見方ももちろんありますが、BCP(事業継続計画)対策として取り入れたいという企業がほとんどでしょう。特に、大切な情報が詰まったパソコンやサーバーなどの電力が災害により絶たれてしまうと一大事です。そのため、産業用バッテリーは家庭用よりも容量が大きく、10~500kWなど幅広いサイズを選ぶことができます。

1kWあたり30万円と価格は高めですが、メーカーによって保証の長さや繰り返し充電を行っても蓄電容量が下がりにくいといった差がありますので、きちんと比較して確認しておきましょう。

特に大規模な施設の場合には、エネルギーを効率よくコントロールできる装置が併設されているかどうかも重要です。例えばNECの「スマートビル」は、エネルギーの最適化を図り、節電やBCP(事業継続計画)をサポートしてくれます。空調や照明の自動制御を行ったり、電気の“見える化”をしたりといった連携により、快適さと節電を同時に行え、ビジネスの生産性向上にもつながります。

初期費用回収も視野に入れる

費用を計算する

太陽光発電装置に掛かる費用は、決して安くありません。そのため、初期費用回収にどれだけの月日が掛かるかも視野に入れておく必要があります。当然ながら、容量の大きいバッテリーにすればそれだけ費用は高くなります。発電により回収できる範囲であれば良いですが、そうでない場合には再検討が必要です。

ただし、家庭用の場合には自治体の補助を受けられるケースがあります。新品・未使用といった条件を満たせば通常よりも安くバッテリーが導入できる可能性もありますので、お住いの地域で確認してみてはいかがでしょうか。

バッテリー選びは慎重に

バッテリーを選ぶ際には、価格ばかりに気を取られてしまいがちですが、安いからといって安易に選ぶと十分な容量がなかったり、思うように売電量が増えなかったりといったトラブルにつながることもあります。そのため、消費電力と出力の関係性や、家庭用・産業用といった利用目的などを視野に入れたうえで、マッチするものを選ぶ必要があります。メーカーによって保証や寿命も大きく異なりますので、複数の商品を比較しておくのも大切です。もちろん、初期費用の回収期間も重要なポイントですので、費用対効果のある機種を選べるよう慎重な判断を行いましょう。

参考サイト:

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

こちらもおすすめ