各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽電池モジュールとソーラーパネルの意外に知らない違いについて

太陽光発電システムでよく耳にする「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」ですが、違うものだと思っていませんか? この記事では、勘違いしやすい「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」2つの呼び方について解説していきます。

ソーラーパネルと太陽電池モジュールの違いは呼び方だけ

はじめに結論を言ってしまうと、「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」が指す対象は、どちらも同じ太陽電池を指し示しています。そのため、「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」の違いは呼び方だけということになります。

そのため、「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」どちらの呼び方を使用しても、間違いではありません。だれかが自分と違う呼び方をしていても、「間違っている」と思ったりしないように注意してください。

「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」の違いが呼び方だけとは言え、なぜ太陽電池に呼び方が2つあるのかという疑問が残ると思います。その疑問については、以下で解説していきます。

ソーラーパネルという呼称の由来

まず、「ソーラーパネル」という呼び方の由来についてご説明していきます。「ソーラーパネル」という呼び方は、「太陽電池モジュール」よりも古くから使用されており、太陽光発電システムが日本で発売された当初から使われていたと考えられています。

そのため、年代が上の方ほど、太陽電池のことを「ソーラーパネル」と呼ぶ割合が比較的多くなる傾向にあります。

太陽電池モジュールという呼称の由来

「太陽電池モジュール」という呼び方は、「ソーラーパネル」に比べると比較的あたらしい呼称になります。一説によれば、太陽熱を利用したシステム(太陽熱温水器など)に「ソーラーパネル」と同様の呼び方をする部品があったため、住宅用太陽光発電システムが普及後は、混同を避けるためにメーカーが積極的に「太陽電池モジュール」という呼び方を使用しはじめたと言われています。

そのため、現在は太陽光発電メーカーが「ソーラーパネル」という呼称を使うことはめったに無く、ほとんどの場合で「太陽電池モジュール」という呼び方が使われています。

その他の呼び方

「ソーラーパネル」または「太陽電池モジュール」には、その他の呼び方も存在しています。ここでは、「ソーラーパネル」または「太陽電池モジュール」のその他の呼び方を見てみましょう。

  • 太陽電池パネル
  • 太陽光パネル
  • 太陽電池板

「ソーラーパネル」または「太陽電池モジュール」の他にも、上記のような呼び方が存在しています。もちろん、どの呼び方でも間違いではありません。

覚えておきたい太陽電池の単位

そんな現在主流となっている「太陽電池モジュール」という呼び方ですが、その中の”モジュール”の意味について正しく理解していますか?

実はモジュールを英語で書くと『module』となり、「ハードウェアやソフトウェアを構成する部品」という意味の英単語です。つまり、太陽光発電システムを形作る部品の1つという意味になります。

太陽光発電システムには、モジュール(module)の他にも、セル(cell)、ストリング(string)、アレイ(array)などの単位が存在します。

太陽電池セル

太陽電池セルは、太陽光発電システムを構成するもっとも小さな呼び方です。太陽電池セルは太陽電池そのものを指し、太陽電池セルが集まって1枚の太陽電池モジュールをつくっています。

太陽電池セルは、太陽電池モジュールを分解していったときに、もうそれ以上は分解できないという最小単位のため、太陽電池素子とも呼ばれています。そのため、太陽電池セルはとても小さく、太陽電池セル単体の電力出力量は0.5W程度にしかなりません。単体ではとても微弱な力しか持たない太陽電池セルですが、集合させることでたくさんの電気を生み出す太陽電池モジュールとして生まれ変わります。

太陽電池モジュール

太陽電池モジュールは、太陽電池セルの集合体でつくられた1枚のパネルです。太陽電池モジュールは、太陽電池システムを構成する部品のなかで、もっともポピュラーな呼び方だと思います。多くの日が「太陽光」と聞いて、まず思いつくのがこの太陽電池モジュールである場合が多いのではないでしょうか。

太陽電池モジュールは、ただ単に太陽電池セルを集めたものではなく、保護や強化のためにガラスコーティングなどの加工も施されていて、単体で製品として扱われています。また、もう一つの呼び名である「ソーラーパネル」も、この太陽電池モジュールのことを指しています。

太陽電池セルの集合体である太陽電池モジュールは、100Wほどの電力出力量を持っています。それでも、一般的な家庭用太陽光発電システムの総出力である4kW~5kWには及びません。4kW~5kWにするためには、太陽電池モジュールをさらに繋げて、「太陽電池ストリング」にする必要があります。

太陽電池ストリング

太陽電池ストリングは、太陽電池モジュールを直列で配線した状態のことを指しています。太陽電池モジュールを直列で配線することにより、電気をまとめて得ることができます。太陽光発電システムの構成単位の中では、マイナーな呼び方のため、知っている人は限られるかもしれません。

太陽電池アレイ

太陽電池アレイは、直列で配線した太陽電池ストリングを、さらに並列に複数配線し、架台(屋上などに設置する時に使用する台)に設置した状態のことを指します。メガソーラーは、この太陽電池アレイをいくつも設置することになります。また太陽電池アレイは、太陽光発電システムの構成単位のなかで最大の単位になります。

ソーラーパネルと太陽電池モジュールの違いまとめ

「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」の違いは、単なる呼び方の違いだけで、同じ太陽電池のことを指しています。「ソーラーパネル」は、太陽光発電システムが普及しはじめた頃に使用されていた呼び名で、現在ほとんどのメーカーは「ソーラーパネル」という呼び方を使用していません。

それに対し「太陽電池モジュール」という呼び方は、太陽光発電システムが普及する以前からあった太陽熱温水器などのシステムに使用されていた「ソーラーパネル」という呼び名の部品との混同を避けるため、メーカーが使い始めたのがきっかけと言われています。なお、現在ほとんどのメーカーは「太陽電池モジュール」という呼び方を使用しています。

「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」には、その他にも「太陽電池パネル」、「太陽光パネル」「太陽電池板」などの呼び方があります。また、太陽電池モジュールは太陽光発電システムを構成する単位の1つで、太陽電池モジュールのほかにも、太陽電池セル、太陽電池ストリング、太陽電池アレイがあります。最後に、「ソーラーパネル」と「太陽電池モジュール」は、どちらの呼び方を使っても間違いではないということを覚えておきましょう。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

こちらもおすすめ