各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽光発電のメリット・デメリット。いま設置するのはお得なのか?

設置費用が高い、売電価格が下がっているなど、デメリットが多くあげられる太陽光発電の投資。しかし、太陽光発電システムに魅力を感じ、導入を検討する人は年々増えています。一般家庭でも普及が進み、屋根に太陽光パネルを設置しているところもよく見かけますが、こういった人々は何を目的に太陽光発電システムを導入しているのでしょうか?太陽光発電システムのメリットやデメリットについて、詳しく見てみる必要があるでしょう。まずは、よく話題に上げられるデメリットから見てみましょう。

太陽光発電システムのデメリット

太陽光発電の費用を計算する

1、設置費用が高く手が出せない

まず、重要となるのが設置費用の問題です。昔に比べると設置費用や設備代などの値段は下がっているものの、初期投資にお金がかかるため、なかなか手が出せないという方もいます。もちろん、設置できる面積や環境などに応じてパネルの枚数・種類なども変わってくるため金額はそれぞれですが、物件の多くは1,000万円以上の高い買い物です。しかし、太陽光発電の投資として始める場合、ソーラーローンといったローンも検討できます。家や家電などと異なり「買って終わり」というものでもなく、電気という財産を継続して生み出すことができるため、バランスの良い支払い計画を立てれば無理なく初期費用を取り戻せます。

2、補助が受けられるかどうかわからない

かつては太陽光発電の設置について、経済産業省資源エネルギー庁が再生可能エネルギー普及促進の奨励策を出していたため、国や地方自治体から補助金が出ていました。しかし、国の補助金は2014年度に打ち切られ、都道府県や市町村の補助金は予算や件数に限りがあり、先着順となるなど補助が受けられるかどうかわからないというのが現状です。

3、売電価格が年々下がっている

太陽光発電システムは作った電気を販売(売電)することにより、初期投資費用を回収できるというメリットがあります。しかし、この売電価格が年々下がっていることを懸念する人もいます。たとえば、2009年の売電価格は10kW未満の家庭用太陽光発電設備の場合48円/kWhでしたが、固定価格買取制度が開始された2012年には42円/kWhに。2016年には出力抑制の有無で、金額に差が出るように変わりました。また、2017年には家庭用設備は30円/kWh(出力制限あり)、10kW以上の産業用・事業用設備では21円/kWhとさらに価格が下がっていることがわかります。

4、自宅の場合、発電した電気を全部買い取ってもらえない

家庭用の場合は余剰電力を10年間販売できるというもので、産業用のように全量を買い取ってもらうことができません。一方、産業用・事業用設備の場合、電力需要が減少し供給が上回ってしまうときには優先的に出力抑制を受けるというデメリットがあります。また、家庭用と比較すると売電価格が安く設定されていることも特徴です。こういった背景から、買取してもらえる電力の量や固定年数に差が出ているものと考えられます。

5、メンテナンスにも費用が掛かる

太陽光発電はメンテナンスフリーだと考える人も多いのですが、実際には清掃やパワーコンディショナの交換などメンテナンスが不可欠です。パネル自体の故障はメーカーの保証が受けられるケースもありますが、定期的なメンテナンスにかかる費用から、踏みとどまる人もいるようです。

6、悪質な業者に騙される可能性

「太陽光発電はメンテナンスフリーである」と勧誘したり、気候や屋根の向きなどから明らかに十分な発電量が得られないにも関わらず、無理に設置させようとしたりする悪徳業者もなかには存在します。こういった業者は、ずさんな工事や管理で太陽光発電システムの寿命を短くする可能性も考えられます。また、10~20年という長期投資を考えると、その期間のメンテナンスも不可欠です。たとえ良い業者だとしても、20年先も営業を続けられるかどうかというところも重要といえるでしょう。

デメリットがあるのになぜ太陽光発電システムを導入する人が増えている?

太陽光発電の導入を考える

太陽光発電システムにはさまざまなデメリットがありますが、それでも太陽光発電システムを設置する家庭は年々増え続けています。こういったデメリットを踏まえたうえで、導入が進む理由とは何でしょうか。

1、光熱費が安くなる

住宅用の場合、太陽光発電システムで作った電気は当然ながら家庭で使用できるため、自宅の光熱費を減らすことにつながります。夜間電力が安くなるプランを利用したり、蓄電池と上手に組み合わせたりすることで、エネルギーマネジメントを行えるため、家計に優しいというのが一番のメリットです。

2、投資として活用できる

太陽光発電は家庭用の場合余剰電力を、産業用・事業用の場合全量を買い取ってもらうことができます。たとえば不動産投資の場合、初期費用に大きな額が必要となったり空室が増えたりといったリスクがありますが、太陽光発電の投資は不動産投資よりも少ない初期投資で安定した収入が見込めます。もちろん、パネルを設置できる面積や蓄電池を併用するかどうかなどにより大きく異なりますが、長期間安定した投資を行いたい方にぴったりといえます。

3、災害時や停電時、電気が使える

太陽光発電は、投資だけでなく災害や停電といったいざというとき、電気を利用できるという大きなメリットがあります。東日本大震災は、企業や家庭での電気の使い方について大きく見直す契機となりました。これをきっかけに、家庭やオフィス、工場などで太陽光発電システムの導入を検討する人も増えたでしょう。企業としても、停電時に最低限の電力が確保できれば、営業を停止させずにリスクを回避することが可能です。そういったリスク管理の一環として、太陽光発電システムを導入する方も多くいます。

4、環境保全への貢献ができる

太陽光発電は、クリーンエネルギーとも呼ばれ、石油や石炭のように枯渇することがないものです。節約や投資、災害などに役立つだけでなく、環境のためにも貢献できる素晴らしいエネルギーです。近年では、環境保全に取り組むこともCSR(企業の社会責任)として問われるようになりました。事業として取り扱う場合には、従業員の環境意識や節電などの意識関心を高める、良いきっかけにもなるでしょう。

5、固定買取期間が長い

固定価格買取制度は、経済産業省資源エネルギー庁によって買取条件が定められており、家庭用の場合余剰買取で10年間、産業用・事業用の場合20年間と長い期間が設けられています。国が定める期間ですので安心して投資でき、長期間安定した収入を得られることがポイントといえます。また、21年目に入ってからも電気事業者と契約すれば継続して売電できるため、発電が可能な限り投資効果が得られるのです。

6、設置・メンテナンス費用が変わる可能性

太陽光投資が始まった当初はまだシステムが安定しておらず、設備費に高い金額がかかっていましたが、近年では研究・開発が進み昔よりも性能が良いパネルやパワーコンディショナなどが増えています。たとえば、パネルひとつとっても、発電量を下げる原因となる熱の影響を受けづらいタイプもあり、地域の気候に合ったものが設置できるようになりました。太陽光発電システムの需要拡大に応じてこういった設備の向上が進み、耐用年数が上がったり変換効率が良いものが開発されたりすることで、設置やメンテナンスにかかる費用も変わってくる可能性があります。

デメリットを上回るメリットが太陽光発電にはある

太陽光発電には、上記のようなメリット・デメリットが存在します。しかし、太陽光発電のシステム開発が進み、設置にかかる費用が下がっていることや、融資が受けられること、長期的に安定した収入が得られることなどを考えると、決してマイナスの投資にはなりません。

参考サイト:

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。