各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

個人向け国債による資産運用のメリットとデメリットは?

金融になじみのない人は、「国債」というと教科書で習った位のイメージしかないかもしれませが、金融商品としては安全な資産運用法としてとても人気がある商品です。そこで、今回は国債による資産運用のメリットとデメリットについて解説します。

国債とは?

そもそも、国債とはどのようなものでしょうか? 国債とは、国が発行する債券です。「国」が発行するとあるように、日本国に限らず世界各国で国債は発行されています。単に「国債」という場合、一般的に日本国が発行する債券を指します。外国が発行している国債については、たとえば米国の場合であれば、「米国国債」と表記します。

債券というのは、国や地方自治体、または企業などが広く一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものであり、その証券を譲渡することで権利を移転することができる有価証券になります。かつては、紙で発行されていましたが、現在では電子化されており、譲渡も含め証券会社等の口座で管理されています。そのため、紛失や焼失などのリスクがなくなっています。また、利子や元本の受け取りを忘れるといったこともありません。なお、国債は証券会社や銀行、ゆうちょ銀行の窓口で買うことができます。

国債は、その名義人が債権者となり、満期時には元本の償還を受け取ることができます。国債には必ず期限があり、その期限到来が満期となります。国債の基本的な発行形式として「利付国債」と「割引国債」があります。

利付国債は、半年ごとに利子の支払いを受けることができる国債です。利息と元本が分かれているため、基本的に国債の発行価格は、額面金額と同じになります。ただし、市場金利の変動によって発行価格と額面金額が多少異なる場合があります。

割引国債は、利子の支払いがない分、割り引いて発行される国債です。満期に受け取れる額面金額より少ない金額で発行されます。つまり、額面金額と発行価格との差が利息相当分ということになります。たとえば、額面100万円の国債について発行価格を98万円にするということです。差額2万円が利息相当ということです。

このほか、「物価連動国債」があります。物価連動国債は、元金額が物価の動向に連動して増減するのが特徴です。つまり、物価連動国債の発行後に物価が上昇すれば、その上昇率に応じて元金額が増加します。利払いは年2回で、利子の額は各利払い時の物価に連動して変動した元本に表面利率を乗じて算出します。したがって、表面利率は固定ですが、物価上昇により元金額が増加すれば受け取れる利子額も増加することになります。

また、国債は発行から満期までの期間によって、①短期国債(1年未満)、②中期国債(2年~5年)、③長期国債(10年)、④超長期国債(10年超)と分類されます。

なお、国債を発行する側から分類すると、「普通国債」と「財政投融資特別会計国債(財投債)」に区分されます。普通国債には、「建設国債」、「特例国債(赤字国債)」、「年金特例国債」、「復興債」及び「借換債」があります。

建設国債は、財政法第4条第1項ただし書に基づき、公共事業、出資金及び貸付金の財源を調達するために発行されるものです。特例国債(赤字国債)は、建設国債を発行してもなお歳入が不足すると見込まれる場合に、公共事業費等以外の歳出に充てる財源を調達することを目的として、特別の法律に基づき発行されるものです。 年金特例国債は、財政運営に必要な財源の確保を図るための公債の発行の特例に関する法律に基づき、基礎年金の国庫負担の追加に伴い見込まれる費用の財源となる税収が入るまでのつなぎとして発行されるものです。

復興債は、東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法に基づき、復興のための施策に必要な財源となる税収等が入るまでのつなぎとして発行されるものです。借換債は、特別会計に関する法律に基づき、普通国債の償還額の一部を借り換える資金を調達するために発行されます。

財政投融資特別会計国債(財投債)は、財政融資資金において運用の財源に充てるために発行されるものです。財政投融資とは、政策的に必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・低利の資金供給や大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための融資です。普通国債の財源が税であるのに対し、財投債は、貸付回収金により行われているという点で異なります。

国債のメリットとデメリット

メリット1:国の保証で安心

国債は、日本国政府が満期後の元本や利子を保証しているので、安全な投資であることが最大のメリットです。国債を購入した銀行など金融機関が破たんした場合でも、保有している国債は100%日本国政府によって保護されるので、利子や元本が受け取れなくなるということはありません。

メリット2:少額から投資ができる

個人向け国債であれば1万円から、その他の国債でも5万円から投資をすることができます。株式投資などの場合には数十万円程度必要のものが多いので、それに比べると気軽に始めやすいと言えます。

メリット3:保証の上限がない

金融機関の場合、1,000万円までしか保証がありませんが、国債には保証の上限がありません。そのため、1,000万円を超えて投資しても元本は政府によって全額保証されます。資産をたくさん保有している富裕層の方にとっては資産を確実に守ることができる金融商品といえます。

デメリット1:満期まで解約できない

個人向け国債は1年間、個人向け国債以外の通常の国債は、満期まで解約できません。定期預金の場合、満期前に解約する場合でも、ペナルティ金利になるだけで、元本を下回るということはありませんが、国債の場合には、満期前に換金するには、市場で売却するしかなく、その時の市場金利が高い場合には「売却損」が発生します。

デメリット2:購入時期が限られる

国債はいつでも購入できるわけではなく、募集期間が限られています。そのため、タイミングを逃すと購入できないことがあります。いつでも買えるわけではないという点はデメリットと言えます。

デメリット3:株や社債などと比べると利回りが低い

国債の利回りは円通貨の金利と連動するので、超低金利といわれる現在では、国債による金利もごくわずかです。銀行の定期預金などよりは高い金利が付いていますが、その他のリスク資産のような高い利回りが期待できません。

デメリット4:国が破たんした場合には元本・利息が支払われない可能性がある

可能性は極めて低いですが、国債も債券の一種ですので、国が破たんした場合には、元本は保証されません。もっとも、国が破たんした場合、円の価値も下落するので、他の円資産の価値もなくなります。

まとめ

このように、国債にもメリットとデメリットがありますが、比較的安心して投資できる金融商品といえます。金融初心者なのでとりあえず、投資を始めたいという人や高額の資産運用を行う人が安全資産としてポートフォリオに組み込むのもよいでしょう。

参考サイト:

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。