各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

資産運用の方法にはどんなものがあるの?メリット・デメリットとは?

老後のために少しでも残しておきたいと個人投資に踏み切る方も多いと思いますが、資産の運用にはリスクがつきものです。少しでも手堅い方法で資産運用したいと考える人もいるでしょう。なかでもリスクが少ないことで知られているのが国債ですが、デメリットが全くないというわけではありません。そのほか、初心者が手を出しやすい資産運用方法の株式投資や太陽光投資について、初心者が知っておきたい知識をご紹介します。

初心者が手を出しやすい「国債」

国債とは国が発行する債券のことで、初心者が手を出しやすい資産運用方法のひとつ。利益は大きくありませんが、国が発行することからリスクが低く、「ローリスクローリターン」な資産運用方法として、退職金を元手に始める方もいます。また、国債には「新型窓口販売方式」と「個人向け国債」の2種類があり、それぞれ異なるメリットがあります。

新型窓口販売国債

新型窓口販売国債は組合や法人でも購入可能な国債で、短期運用したい・定期購入したいといったニーズに対応しています。種類は満期を迎える期間によって異なり、10年、5年、2年の3種類があります。購入できるのは証券会社や銀行、郵便局など。5万円単位で購入でき、個人向け国債よりもやや単価が高いことが特徴です。

個人向け国債

個人向け国債は新型窓口販売国債よりも安く、1万円単位で購入できる国債です。名称のとおり購入できるのは個人のみとなっており、10年変動金利、5年・3年固定金利の3種類から選択できます。個人向け国債の魅力は、単位が1万円と低く設定されているため自分のペースで資産運用できること。

変動金利型の場合、基準金利が低くなると利益も下がってしまいますが、0.05%の最低金利が保証されているため安心して購入できます。また、毎月募集・発行しているため、気軽に手が出せることも魅力といえるでしょう。購入場所は、新型窓口販売国債と同様、証券会社や銀行、郵便局などです。ペナルティはありますが、発効後1年経てば中途換金も可能なため、急に現金が必要になったときにも安心です。

国債にも少なからずリスクはつきもの

いくらローリスクローリターンの資産運用とはいえ、リスクがゼロというわけではありません。ときには、金利によって利回りが変わり、思うように投資効果が得られないこともあるでしょう。特に個人向け国債の場合、最低金利は保証されているものの、銀行の普通預金と変わらないほど金利が低いことがデメリットとして挙げられます。

マイナス金利政策が実施されれば金利が抑えられ、短期保有ではマイナスになることも考えられます。現状では安全な資産運用方法といえますが、最悪の場合国が財政破綻し、投資額が戻ってこないことも懸念されます。

魅力的だけれどリスクも高い「株式投資」

次に、資産運用としてよく用いられる方法が株式投資です。投資手段としては、企業の成長を見越して銘柄を選択する「グロース投資」、企業の実力から見て現在の株価が割安だと思えるものに投資する「バリュー投資」などが挙げられます。しかし、「株で失敗した」というのもよく聞く話ですよね。資産を運用するために始めたのに損をしてしまっては本末転倒です。マネーゲームに陥らないためにも、きちんとメリットやリスクを学んでおきましょう。

株式投資のメリットとは?

株式投資のメリットは、株価が上がれば売却時に利益が得られること。そして、保有しているタイミングによっては、配当金や株主優待が受けられることです。ただし、利益が見込める企業をきちんと見極めることが非常に重要。そのためには社会情勢に目を向け、企業の規模やサービス内容、株価が値上がりするタイミングなど、知識を身に着けることが大切です。

株式投資におけるリスク

株式投資におけるリスクは、購入時よりも株価が下がると損をしてしまうこと。また、投資先の会社がつぶれると、最悪の場合投資したものがすべて無駄になってしまうことなどが挙げられます。こういったリスクを避けるためには、先述したように綿密な調査が必要です。日本はもちろん、世界経済も影響しているため、該当する銘柄だけ調査するのではなく広い視野を持って資産運用する必要があります。

長期の資産運用に適した「太陽光投資」

太陽光投資は、長期間の資産運用に適した方法です。近年はエコや省エネといった環境への意識の高まりも相まって、ご家庭の屋根に太陽光発電設備を設置する人も増えています。

太陽光投資のメリット

太陽光投資のメリットは、固定価格買取制度により20年間の売電契約ができるところ。不動産投資よりも、初期投資やメンテナンスに費用がかからない点も魅力といえます。また、初期投資にかかった費用は売電収入によって取り戻すことが可能です。発電量はパネルの枚数や日射量などに左右されますが、自宅に設置する場合、災害や停電など万が一のことが起こった際の電力としても利用できます。

太陽光投資にもリスクがある

良いこと尽くしに思える太陽光投資ですが、リスクも存在します。まず、天候や設置条件、パネルの枚数によって発電量が左右されること。特に、自宅の屋根に設置する場合には、設置するパネルの枚数が少ないと消費電力を補える程度で、あまり投資効果が得られないケースもあります。また、出力抑制を受ける可能性も考えられます。

出力抑制とは、電力会社が太陽光発電設備等の力系統へ接続を制限することを指し、電気の需要に対し供給が多すぎる場合にとられる方法です。つまり、売電できる状況であっても、出力抑制がかかると売電できなくなるということ。電力会社や申請時期によって異なりますが、2015年1月26日以降の申し込みの場合、「500kw未満」「年に360時間まで」といった制限が設けられています。また、太陽光投資に関してはまだ歴史が浅い資産運用方法であるため、固定価格買取制度の契約が終了する20年後はどうなるのかといった問題も懸念されています。

リスクを踏まえたうえで、最適な運用方法を知ることが大切

さまざまな投資方法が検討できるようになった現代ですが、リスクが全くないものはありません。運用方法によっては注意が必要です。資産運用の手段だけでなく、メリットやリスクもきちんと理解し、自分に合った方法を見つけましょう。また、資産運用は1本化させるのではなく、さまざまな種類を組み合わせて行うのも大切です。そうすることにより資産を分散させ、リスクを低減させることにもつながりますので、視野を広く持ち運用していきましょう。

参考サイト:

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。