各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

投資の初心者必見!主な投資の種類と分散投資の重要性について

投資には、株や債券などたくさんの種類がありますが、最近ではいろいろな金融商品を組み合わせる、これまで投資対象でなかったものを投資対象にするなど、投資の多様化が進んでいます。そこで、今回は主な投資の種類と分散投資の重要性について解説していきます。

主な投資の種類

お金を増やす言葉として「貯蓄」、「資産運用」、「投資」などがありますが、明確に区分されているわけではありません。中には、目的や運用結果の不確実性によって分類されると解説されているものもありますが、特に意識する必要はありません。預金だから絶対安全ということはないし、投資信託でも債券で積立てを行う場合にはほとんど貯蓄と言っても間違いではないからです。要はお金を増やす方法としていろいろな手段があり、それをしっかり理解することが大事です。それでは、個々の金融商品の特徴を見ていきましょう。


  1. 預金

預金は、銀行等の金融機関にお金を預けて利息をもらうというものです。おそらくほとんどの人は預金口座を持っていると思われるので最も身近な金融商品と言って良いでしょう。日本の預金は、1,000万までであれば、元本と利息は保証されているので、この金額までならノーリスクでリターンを得られるのが特徴です。


ただ、現在は国内の金融機関の金利が非常に低いので、お金を増やすという意味ではほとんど期待できません。また預金の中には、「外貨預金」もあり、金利の高い国の通貨で預金するものもありますが、預金保証の対象外なので、金融機関破綻のリスクがあります。また、為替の影響を受けるので、為替の管理も必要になってきます。


  1. 債券

債券とは、国、地方公共団体、会社等が、資金を調達したい場合に発行するものです。代表的な物には「国債」があります。債券には「利付債」と「割引債」があり、前者は、一定期間毎に利息が支払われるもので、後者は額面金額から一定額を差し引いた価格で発行され、満期になった際に額面金額が戻る仕組みです。(例えば、額面金額が100万円で割引額が96万円の場合、満期時に100万円が戻ってくるので4万円がプラスです。)個人向け国債であれば1万円から購入できます。


債券は発行主体によってリスクがかなり異なるので、その点は注意が必要です。日本国が発行する債券である「国債」と株式会社が発行する債券である「社債」とでは信用度が全く違うということです。


  1. 株式

株式投資は、安く買って高く売るのが基本ですが、長期間保有して配当利益を狙うという方法もあります。企業業績は市場の動向によって大きな影響を受け、日々大量の株式売買がなされているので、株価も激しく変動します。そのため、ハイリスク・ハイリターンの金融商品の一つと言われています。企業業績を判断したり、市場の動向を見極めたりしないといけないため、ある程度専門知識がないと難しい側面を持つ金融商品であると言えます。


  1. 投資信託

投資信託とは、投資家からお金を集めて、そのお金を使って株式や債券などに投資するものです。あらかじめ定めた投資先に機械的に投資するものと運用の専門家が市場の動向を見ながら投資するものがあります。専門家が運用する商品の方が良いように思えますが、手数料も高くなるので、トータルでどちらが得なのか慎重に比較することが重要です。


また、投資対象もいろいろな物があるので、リスクも様々です。したがって、投資信託を1つの投資種類と考えるより、何を対象に投資するかを考えることが重要になります。


  1. 金取引

金は貴重な金属なので、いつの時代も安定して需要があります。「有事の際の金」と言われるように経済情勢が不安定なときこそ価値が上がる傾向があります。換金性も高く、保有に対して税金が掛からないので、資産家にも好まれています。金投資というと金の延べ棒をイメージしがちですが、実際には現物引き出しができない金投資もあるので注意してください。また、現物がある場合、逆に盗難リスクもあるので、現物がある方が必ずしも安心というわけではありません。


  1. 先物取引

先物取引とは、将来の一定の時点での特定商品の価格を、あらかじめ取り決めた価格で取引することです。たとえば、1年後に100円で購入すると取り決めておいて、実際に市場価格が80円だった場合には、20円支払わなければなりません。逆に、120円だった場合には20円もらえることになります。将来の価格を予想することは難しいので投機的と思われる人もいますが、企業が商品価格を安定させるためには一定の価格で購入することが不可欠なので、社会的に非常に重要な役割を担っています。


  1. FX

FXは「Foreign Exchange」の略で、正式には「外国為替証拠金取引」と言います。FXは、外国通貨を売買することにより、為替差益を得るものです。為替差益の取引ですので、購入する通貨の全額を支払う必要はなく、たとえば証拠金として10万円を支払うと10倍のレバレッジの場合には100万円分の外貨通貨を購入すること取引が可能です。そのため少額で大きな取引ができるのが特徴です。


また、金利の高い外国通貨を購入する場合、外貨預金と同様に日本通貨との金利差であるスワップポイントが得られるので、二重に利益が得られる可能性があります。レバレッジが効く分、株式以上にハイリスク・ハイリターンになるので初心者は十分に注意が必要です。


  1. 不動産投資

不動産投資は、基本的に物件を貸し出しその賃料を得るというスタイルになります。自分で建物を保有している場合には、それを貸し出せば良いのですが、そうでない場合には、マンションや一戸建てを購入または建築することになります。


ただ、購入や建築をする場合には金額が大きくなるので、借入金の検討や自己資金がどれだけあるのかが重要なポイントになります。自己資金があまりないという場合には不動産を対象にした投信信託である「REIT」に投資するということも検討すると良いでしょう。


  1. コモディティ投資

コモディティ投資とは、トウモロコシや大豆といった実物資産を投資対象にするものです。従来は先物取引などでしか個人投資家は参加できませんでしたが、最近はETF(上場投資信託)でも投資できるようになり身近になりました。コモディティは、インフレに強く、債券や株式などと連動性が少ないのが特徴です。


  1. 太陽光投資

太陽光発電投資とは、太陽光で発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことによって収入を得る投資です。太陽光で発電した電気は電力会社が20年間、一定価格で買い取ることが法律で義務付けられているので、安定的に収益を得ることができます。

分散投資の重要性


このように、投資の種類は色々ありますが、どれか1つを選ぶと言うのではなく、少しずつ分散して投資することが重要になります。また、金融商品の種類だけでなく、投資する国も分散することが理想的です。というのも、近年、異常気象や地政学的リスクが高まっており、一国だけに投資することは危険だからです。これらリスクを避けるためにも分散投信が欠かせません。


なお、分散をする際には、できるだけ広く分散することが望ましいのですが、それができない場合には、相場が同じ動きをするものではなく違う動きをするものを選択するのも一つでしょう。たとえば、企業への投資である株式と現物投資であるコモディティとを組み合わせるといった具合です。不動産投資や太陽光投資なども株式などとはあまり連動していないので分散投資の対象としては良いでしょう。

まとめ


今回は投資の種類とその特徴について述べてきましたが、それぞれの特徴を理解した上で、できるだけ相関関係のない投資対象に分散投資することが重要です。実際に投資する際には手数料やその時の相場など諸条件も考慮して、よいタイミングで投資をすることも重要になるので、日頃から金融知識を蓄えタイミングを逃さないようにしたいものです。

参考サイト: