各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

株や投資を学びたい!おすすめの勉強方法とは?

1000万円で資産運用する!どの種類がいい?

投資を本格的に学びたいという人は、まず株式投資、債券投資そして投資信託とは何かといった投資の基本から勉強する必要があるでしょう。投資に関する基礎知識を持たないままで投資を行うと、思わぬリスクを背負い、せっかく始めた投資を継続することができなくなってしまう可能性があります。
そこで、おすすめの投資勉強法についてご紹介します。

1:これぞ王道!書籍で株式投資の方法を勉強する

株式投資などの投資の勉強法の1つ目は、やはり書籍での勉強です。これは投資に限らず、どんなことを勉強する場合でも通用する方法ですので、王道ともいえるものでしょう。実際の書店やネット書店にはさまざまな投資関連の本が売られています。投資初心者であれば、まず読みやすさを重視して書籍を選ぶとよいでしょう。いきなり中級から上級者向けの本を購入してしまうと、難解な内容に嫌になって投資に関する興味を失ってしまう可能性もあります。タイトルに「初心者」と入っていて、図解がふんだんに使われていて読みやすいものを購入することをおすすめします。また、経済雑誌や投資雑誌などを見ると、初心者向けの投資指南の特集が組まれていることがあります。こういった特集は、初心者が必要な投資の情報についてコンパクトにまとめられていることも多いので、ハードカバーの書籍だけでなく雑誌にも注目してみるとよいでしょう。また、投資のやり方を解説する書籍以外にも、成功体験談を綴った書籍を読めばモチベーションアップにもつながるはずです。

2:実際に少額で投資をしてみよう

投資を勉強する方法の2つ目は、少額で構わないので実際に投資をしてみることです。本を読んで勉強して投資に必要な最低限の知識を得ることも大切ですが、実際に投資をしてみなければわからないことも多くあります。また、本を読んで理解したと思っていることも、実際に試すことによって、体験とセットになってより本当の知識として取得できるでしょう。そのため、投資の勉強をしたいと考える場合には、実際に投資をするのが近道になります。ただし、勉強中に行う投資でいきなり大金をつぎ込むことは高いリスクがあると考えられます。仮に損失があっても生活に影響がない金額から挑戦することをおすすめします。実際に株式投資をしてみると、まず数多くの銘柄の中から投資対象銘柄を選ぶことの大変さが実感できるでしょう。2018年3月時点で日本取引所に上場している会社は実に3,600社を超えます。この中から様々なリスクや運営状況などを判断して投資する企業を選ぶのは初心者に取っては大変な作業です。

2-1:身近な企業を選ぶ

事業内容も分からない企業よりは身近な企業を選ぶことも一つの手です。 普段利用するサービスや、購入することがある企業での方が情報も目に留まりやすく情報を得やすいでしょう。

2-2:選んだ企業の収支を確認する

上場企業であれば「財務諸表」が公表されています。これを見ればその企業の収支や詳しく記載されています。投資先を考える上で重要な指標となります。

2-3:今後の利益予想

これは過去2~3年さかのぼって見てみるとわかりやすいでしょう。確実ではありませんが過去2~3年の利益が右肩上がりか右肩下がりかも一つの判断軸になるでしょう。
右肩下がりであれば下がりきるのを待って投資する方もいますが、下がりきったあとにまた、盛り返してくる要素があるのか初心者には判断が難しいかもしれません。
その他、企業の新商品や新サービスなどのニュースもしっかり確認しましょう。評判も上々のよいニュースであれば、一般的に株価は上がる傾向とされています。
次に、頭ではわかっている「安く買って高く売る」に対して、冷静な判断がいかに重要になるかも体感できるようになるでしょう。少額でも実際に投資をしてみることによって、書籍の知識が生きた知識に変わってくるでしょう。

3:新聞やインターネットなどのメディアから経済情報収集

おすすめの投資の勉強方法3つ目は、新聞やインターネットなどのメディアから経済情報を収集することです。この方法は、投資のやり方や投資に必要な専門用語を勉強するのではなく、投資判断に必要な経済情勢や政治情勢のニュース、変化を把握するための勉強です。投資でリターンを得るためには、日本や世界の経済情勢や政治情勢を理解しておくことが求められます。そういった情勢の変化が株価や債券相場に大きな影響を与え、結果として投資の成果を左右することになるからです。そのため、経済情勢や政治情勢を正確に把握することは、投資判断を行う者にとって重要な要素になります。
ただし、最新の経済情勢を常に追いかけるのは大変だと感じている人もいるでしょう。そういった人は、短期的な経済情勢に影響を受けにくい長期投資をするのも選択の一つでしょう。
具体的には賃貸不動産投資です。賃貸不動産投資の代表はアパート経営ですが、その他にも太陽光発電投資も長期投資の部類に入ります。エコの輪の土地付き太陽光発電投資では土地代も含めた「全額融資プラン」も登場し、初期費用がない場合でも太陽光発電投資を始めることができるようになりました。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

こちらもおすすめ