各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

初めての投資信託(投資ファンド)を検討している人が守るべきこととは

初めての投資信託(投資ファンド)を検討している人が守るべきこととは投資の方法にもいろいろありますが、そのなかのひとつに、投資信託があります。投資信託は、初めて投資しようとしている人にとっても、運用しやすい金融商品です。そのため、投資信託を始めてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、投資信託について、いくつかの視点から見ていきましょう。

投資信託とはどんなもの?

投資信託とは、自分で投資をするのではなく、本人の資金を資産運用のプロに預けて投資してもらう制度をいいます。資産運用のプロが投資したことによって発生した利益は、投資家に分配されます。投資をする場合、本来自分で投資先を選択しなければなりません。しかし、適した投資先を選択するには、投資に関する知識が必要ですが、投資信託の場合、資産運用のプロが投資に関するすべての手続きを行ってくれます。そのため、投資に関する知識がない人でも運用することが可能です。このようなことから、これから投資を始めようと考えている人のなかには、投資信託を選択する人も少なくありません。投資信託を利用すると、株式、債券、リートなど、いろいろな金融商品へ投資できます。また、投資対象地域も幅広く、日本、先進国、新興国もあります。そのため、投資先として世界各国のいろいろな金融商品を選択できるので、世界分散投資も可能です。投資の世界では「卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。これは、ひとつの金融商品に集中投資をしてしまうと損した時のリスクが高くなるので、複数の金融商品に分散して投資をしなさい、という意味です。複数の金融商品に投資をすれば、例えひとつの金融商品で損をした場合でもそのリスクを抑えられるので、投資をするにおいて効果的なのです。世界各国のいろいろな金融商品を投資先に選択可能な投資信託は、その意味でリスクを抑えた投資ができる金融商品だといえます。

初めてでも安心な投資信託の始め方は?

投資信託は、預貯金とは違って元本が保証されているわけではありません。投資信託で運用する場合、市場の環境によって利益が出ることもあれば、損を出してしまうこともあるのです。これから投資信託を始めようとしている人は、リスクのことを考えて投資することが大切だといえるでしょう。投資信託のことを『ファンド』と呼ぶ場合がありますが、大きく分けると『アクティブファンド』と『インデックスファンド』があります。ともに、投資信託の目標であるベンチマークを基準に運用しますが、前者は市場平均を上回るように運用し、後者は市場平均を目指して運用するという違いがあるのです。アクティブファンドは、リターンもリスクも大きくなるのに対し、インデックスファンドはリターンもリスクも少なくなります。そのため、初心者が投資信託を始める場合、インデックスファンドを選択して運用した方がよいでしょう。また、投資信託は資産運用のプロに投資してもらうものなので、手数料が発生します。発生する手数料の額は、投資信託の運用成績に大きな影響が出るので見逃せません。購入時にかかる手数料は無料で、運用時にかかる手数料はできるだけ低い投資信託を選択することが大切です。

投資信託と同じ感覚で始められる太陽光発電投資


リスクを抑えた運用ができる投資信託を投資先に考える人もいるでしょう。投資信託と同じような感覚で始められるものに、太陽光発電投資があります。これは、太陽光発電で発生した電力を、電力会社に一定の価格で買取してもらうことによって、利益を得る投資のことです。土地付きの太陽光発電を購入する必要がある場合、大きな額の資金を用意しなければ、この投資はできないことになります。しかし、ファンドの仕組みを用いて太陽光発電投資をすることも可能です。そのため、投資信託と同じように、少ない金額で始めることができるのです。太陽光発電投資は、安定した収入を得られる見込みがあります。2012年に、国は再生可能エネルギーを世の中に普及させるため、固定価格買取制度を始めたことにより、電力会社が太陽光発電で発生した電力を、固定価格で買取するようになりました。太陽光発電投資は、投資信託を始めようと考えている人にとっても、見逃せないサービスだといえるでしょう。

<参考元>
https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/what/
http://www.nam.co.jp/seminar/basis/toushin/02.html
http://www.toushikiso.com/tousin/indexfund.html
http://www.toushikiso.com/tousin/activefund.html
http://www.toushikiso.com/tousin/fee.html

<参考元>
https://エコの輪ファンド.com/whats_fund/fund_risk/

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。