各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

投資家が不動産投資をするならどんなマンション?

投資家が不動産投資をするならどんなマンション?

バブルのころと比較してみると、現在の金利は非常に低く、過去最低水準であるといわれています。また、不動産投資に関するセミナーや広告が増えてきて、不動産投資を行うハードルも下がってきていますので、興味がある方もいるのではないでしょうか。不動産投資の魅力のひとつに「安定した家賃収入」がありますが、安定した収入を得る投資には、ほかにも太陽光発電という選択肢があります。より安定しているのは、どちらなのでしょうか。

どんなマンションが投資に向いているの?

不動産投資で安定した収入を得るためには、なんといっても立地が大切です。どれだけ良い設備が揃ったマンションでも、電車などの公共交通機関が周囲に全くないというような物件には、あまり入居者を集めることができないのではないでしょうか。周辺施設については、その物件の狙いとするターゲットが必要としているものが揃っていれば、必要以上に近場になくても良い場合があります。例えば、ワンルームタイプのマンションである場合は、単身者が主な入居者になると思われますので、ドラッグストアやコンビニなどがあるかどうかが重要になってきます。このような世帯の場合は、食料品を買うスーパーなども大事ではありますが、近場に外食ができる店やコインランドリーなどがあると、より良い物件だといえるのではないでしょうか。また、2LDK以上のようなファミリー向けのマンションである場合は、学校や病院(特に小児科)といった施設が近くにあるかどうかも重要になってきます。立地条件は地図で見るだけだと近くに見えても、坂道になっていて思ったよりも時間がかかったりすることがあるので、実際に物件の周りを歩いてみて確認することをおすすめします。

不動産投資のメリットとリスク

不動産投資のメリットとしては、入居者が入ることによって不労所得である家賃収入を得ることができることが挙げられます。また、不動産価格が上がれば売却益を得ることもできるかもしれません。ほかにも、株式投資などと比べて、不動産投資には減価償却という費用を計上できるので、収益が上がっていても意外と所得税がかからない場合もあります。サラリーマンなどの給与所得がある場合は、損益通算を行うことができるのもメリットのひとつです。デメリットとしては、入居者がなかなか入らず、空室率が高くなる可能性があることです。また、不動産投資を行う場合は初期投資金額が大きく、ほとんどの方がローンを利用すると思いますので、空室によってローンを返済できないときのリスクについて考えておく必要があります。また、1棟マンションと区分所有のマンションを比較してみると、1棟マンションの方が空室リスクは分散しますので空室率を低減することができますが、その分初期投資金額が大きくなります。一概にはどちらが良いとはいえませんが、立地が良くて入居者が継続的に見込めるということを大前提に考えてみると良いのではないでしょうか。

リスクの低い太陽光発電投資と比較してみる手も

安定した収入を得る投資のひとつに太陽光発電投資という方法もありますが、どのように比較してみれば良いのでしょうか。投資において、収支の良さを表す指標のひとつに利回りというものがあります。利回りは、投資金額に対して年間にどれだけの収益を生み出すかを表しており、例えば投資金額が1,000万円の物件で年間100万円の収益があれば、利回りは10%ということです。不動産投資と太陽光発電投資を比較する際には、この利回りを参考にしてみましょう。なかには、不動産投資よりも太陽光発電の方が、利回りが高い場合もあります。また、太陽光発電は規模にもよりますが、基本的には不動産投資よりも少額で投資することが可能ですし、不動産投資にはない、国が行っている固定価格買取制度という制度を利用すれば、より安定した収益を得ることが可能です。また、自分で太陽光発電を設置するのではなく、ある会社が資金を集めてその運用益を分配する、太陽光発電ファンドを利用するという方法もあります。1口10万円から投資を始められるものもありますので、リスクをあまり感じることなく、比較的気軽に投資できるのではないでしょうか。太陽光発電投資については、さまざまな会社がセミナーを開催したり、ホームページなどで情報を発信していたりしますので、興味がある方は勉強してみてはいかがでしょうか。

<参考元>
https://エコの輪ファンド.com/whats_fund/fund_risk/

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。