各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

再生可能エネルギー関連銘柄

再生可能エネルギー関連銘柄

投資をするときの判断要素として、事業などの将来性を見据えて、今後成長が期待できるのかを予測することも、資本を増やしていくうえで重要な要素です。電力自由化を皮切りに、さまざまな企業が参入している再生可能エネルギー市場は、注目されている方も多いでしょう。再生可能エネルギー市場とはどのような銘柄があり、今後はどのようになっていくのでしょうか。

再生可能エネルギーに関連する銘柄とは?

再生可能エネルギー関連銘柄とは、クリーンエネルギーを使用した発電方法などの事業を展開している企業株の銘柄を指します。いまだにエネルギーの主力を担っている燃料といえば、石油や石炭、天然ガスを思い浮かべるでしょう。これらは有限な資源であり、算出方法によって変化しますが、石炭は約100年以内に、石油や天然ガスは約60年以内に枯渇するともいわれています。そこで注目されているエネルギー資源として、再生可能エネルギーがあります。自然の力を利用したエネルギーは、持続可能で産業廃棄物や環境汚染の心配が少ないクリーンエネルギーとして注目されているのです。世界的に注目を浴びている再生可能エネルギーはバイオマスや風力ですが、日本では太陽光や地熱を利用したエネルギー作りに注力しています。日本の企業でも再生可能エネルギーに目をつけているとことが多く、自社でエネルギーの生産や販売を行う企業も出てきています。電力自由化の流れもあり、電力とは関係の薄かった事業も含め、さまざまな企業が参戦しています。今後も多くの企業が参入を考えている事業といえるでしょう。

再生可能エネルギー関連銘柄は今後どうなる?

大震災や津波の影響で、クリーンエネルギーとして日本で主力を誇っていた原子力発電は、国民の反対意見が強まっており、それに代わる発電方法の技術開発が期待されています。再生可能エネルギーはクリーンで産業廃棄物を出すことが少なく、いざという時の人体への影響も少ないため、年々注目が集まっているのです。再生可能エネルギーを生産してクリーンな電力開発をする事業は、企業のイメージをプラスにもたらす効果が期待できます。2012年7月に始まったFIT制度により再生可能エネルギーで発電された電力は電力会社に一定期間・固定価格で買い取りされます。そのため、投資した分は確実に回収できる事業としても企業側からの注目も高いのです。企業側にメリットが多いため、参入する企業はたくさんあります。政府的には企業に競争してもらい、市場を活性化してエネルギー不足問題を解決に向かわせたいので、政府のバックアップの元で発展していく市場だと考えられます。また、今後は再生エネルギー関連事業(管理や維持の分野)がどんどん発展していくことが期待されているので、再生エネルギーを扱う企業を中心に、市場が盛り上がることが期待されています。

ポイントとなるのは太陽光発電投資

再生可能エネルギーのなかで注目されているひとつとして、太陽光発電があります。太陽光発電は、太陽の光を使い発電するシステムで、場所と日光が照射する環境があれば発電できるクリーンなシステムです。日本では、太陽光発電が再生可能エネルギーのなかでも力が注がれており、今後も参入する企業が多くなると期待されている事業です。太陽光発電を行うためには、莫大な資金が必要です。そのため、企業のなかにはファンドを集めているところもあり、このファンドに投資することにも注目が集まっています。太陽光発電事業を行っている企業のレポートを参照すると利益を出している企業も多く、投資の面でも熱い事業といえるでしょう。先に挙げた20年間の保証もあるので、企業側が保証対象内ならばリスクを減らすことができます。今後の課題として、保証期間を過ぎたあとに企業側が販売価格をどれだけ維持できるのかに注目が集まりますが、パネルの設置代金などを支払い終えれば利益は確保できるので、さらに利益を確保できる期待もあります。また、太陽光パネルの技術革新などが進めば、さらなる利益を見込める期待があるので、これからも投資をする市場として活性化していくと見込まれています。


<参考元>
http://www.kepco.co.jp/energy_supply/energy/nowenergy/world_energy.html

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。