各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

10万円から始める!?いくらあれば資産運用は可能?

10万円から始める!?いくらあれば資産運用は可能?

投資や資産運用に回すお金は余剰資金で、といわれますが、実際には使わない資金が溢れている人はなかなかいませんよね。そうなると、小額からでも投資を始めたいという需要も多いはずです。ここでは、小額から始める投資を中心に、資産運用について見ていくことにしましょう。

将来のために考えたい資産運用


この時代、お金を銀行に預けていてもお金は全く増えないといっても過言ではありません。メガバンクの普通預金の金利を見てみると、だいたい0.001%程度と、非常に低金利となっています。預金の金利が高いことで人気のネット銀行ですら0.02%程度ですから、1年間で増えるお金というのは雀の涙程度であることがわかります。多くの人はお金を将来の大きな出費や老後に備えて貯蓄をしていると思いますが、今すぐ使う予定のないお金は、できれば少しずつでも増やしていきたいですよね。そのためには、資産運用を考える必要があります。資産運用といっても、さまざまなものがあります。有名なところでいえば、株式投資やFX投資、不動産投資などがあります。日本人の多くが投資ではなく銀行預金を選択する理由として、リスクが怖いからというものがあります。たしかに、株式投資やFXなどの資産運用は、元本割れを起こすリスクがあります。しかし、資産運用のなかには銀行預金と同じくリスクが非常に小さいにも関わらず、銀行預金よりも圧倒的に高い金利が支払われる金融商品というものもあるのです。投資の世界では、知っているか知らないかという情報の格差は致命的になりますので、資産運用に少しでも興味があるのであれば、早い段階で勉強を始めることをおすすめします。

10万円から始められるって本当?


投資や資産運用と聞くと、大きなお金が必要だと思っている人も多いのではないでしょうか。確かに、以前は投資というと、お金をたくさん持っている資産家が手を出すものというイメージで、実際に購入できる金融商品の1口の額も高額でした。しかし、日本でも投資や資産運用というものがポピュラーになってきた今、小額から誰でも始められるような資産運用はたくさんあるのです。逆に、お金が溜まってから資産運用を始めようと思っていると、大きな機会損失を招く恐れがあり、始める時期がどんどん遅くなってしまいます。始める時期が遅いというのは、投資の世界では非常に大きなデメリットです。細かく挙げればキリがありませんが、金利が高めに設定されている長期投資のような、複利運用ができるというメリットがあるものが代表的です。そう考えると、10万円でも手元にすぐ使う予定のないお金があるのであれば、資産運用を始めるべきです。10万円から始められる投資というと、具体的には株や純金の積立などがあります。FXも確かに10万円程度から始めることはできますが、株などよりもリスクが高く、はじめてやる方にはおすすめできません。このほかにも、投資信託などを利用すれば1口数千円という小額から始めることも可能です。

太陽光発電も有効な資産運用のひとつ


実は、太陽光発電も投資家の間で注目度が高い投資対象のひとつなのです。自宅に太陽光発電システムを取り付けることで、電気を自家発電することができます。この発電した電気は、当然自宅で使うこともできますが、使わないで余った分というのは買い取ってもらうことができます。これがいわゆる、売電というものです。この売電を行うことで、利益を生むことができるというのが、投資対象としての太陽光発電の仕組みです。ただ、太陽光発電システムを設置するためには、一般的に120万円~200万円ほどの金額が必要になります。このシステムを購入するには、10万円では到底できません。しかし、太陽光発電にも投資信託のようなファンドがあり、それらの1口あたりの金額は10万円以下に設定されています。太陽光発電に関する投資は、固定価格買取制度などにより安定した収益が期待でき、運用をすべて一任することができるという点で非常に注目されています。また、独自で太陽光発電システムを購入する場合も、ソーラーローンという太陽光発電設備購入のためのローンを使えば、初期費用ゼロで始めることも可能です。余剰資金ができたら、ぜひ資産運用を始めて、早いうちからお金に関するリテラシーを高めていきたいですね。

http://エコの輪ファンド.com/fund/

https://エコの輪ファンド.com/whats_fund/fund_risk/

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。