各支店へ直接連絡

東北支店

対応地域
北海道・青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

投資の情報は、サイトと情報誌どっちで確認する?

投資の情報は、サイトと情報誌どっちで確認する?

投資というと、株式投資や投資信託などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、近年では太陽光発電を事業として行うファンドも設立されています。太陽光発電のファンドに投資した際にはもちろん、投資信託に投資したように配当が支給されますので、実利を得ることが可能です。ここでは、エコ活動に貢献しながら投資もできる、一石二鳥の太陽光発電ファンドについてまとめてみました。

投資に欠かせないファンド情報


投資をする際には、その投資先について調べることが必要です。今から投資をする会社が、どのような事業で主に収益を上げているのか、その配当は適正なのかを知ることができなければ、元本を回収する前に配当金の引き下げが起こってしまったり、最悪の場合、倒産して手元に残っている証券や株券といったものが、ただの紙くずになってしまったりすることだってあります。ファンドとは、広く世間一般からお金を集めて事業を起こし、その収益を投資してくれた人に対し還元する仕組みとなっています。ファンドというと、投資信託をイメージする方もいるかもしれません。確かに、投資信託も投資家からお金を集めて運用し収益を分配するのですから、ファンドの1種といえます。投資信託が主に株や債券などに投資しているのに対して、ファンドはお金を集めて事業を行うということが目的です。ファンドのなかには、市民ファンドと呼ばれるような地域社会に貢献する目的で設立されるような、営利を追求しないようなものも含まれます。ファンドの種類は幅広いので、そのファンドがどのような目的の事業を行っているのかをよく研究してから、投資を行うようにしましょう。

ファンド情報を確認ならサイトと情報誌どちらがいい?


ファンドの種類はかなり幅広いということを述べましたが、ではどのようにしてファンド情報を入手したら良いのでしょうか?インターネットが普及している現在では、WEB上から情報を仕入れることが最も簡単で早い方法といえます。事業を立ち上げる予定のファンド側としても、インターネットを活用することで設立後すぐに周知することが可能になりますし、テレビCMを流したり新聞広告を掲載したりすることに比べると、多額の費用や多くの時間を節約することができます。そのため、新たに事業を立ち上げたようなファンドの情報を得るためには、インターネットを活用することが有効で、検索する言葉を選べば自分にあったファンド情報を入手することも可能です。ただし、インターネットは匿名性が高いメディアですので、その情報の真偽を自分自身で見抜く必要があります。日頃からその事業に興味を持って、嘘の情報に惑わされないよう勉強しておきましょう。また、ファンド情報を入手する方法として、情報誌から得るという方法もあります。こちらはインターネットと比べると、情報が取り上げられるのが遅いことが多いですが、資金集めを開始してから実際に事業を始めるまでに時間がかかるものについては、さほど問題にはならないのではないでしょうか。また、WEB上のものと比べると、記事を書いた人の氏名や所属先がはっきりしていることが多く、責任の所在がはっきりとしていますので、信頼性は高いといえるかもしれません。結論をいうと、どちらが良いということは一概にいえませんが、状況に応じて使い分けると良いのではないでしょうか。

太陽光発電投資ファンドは十分な下調べでリスクを軽減


投資ファンドのなかでも、近年盛んになってきているのが太陽光発電の投資ファンドです。太陽光発電ファンドは、出資者を募って資金を集めて、太陽光発電所の建設を行い、売電収入を出資者に分配します。太陽光発電ファンドのメリットとしては、太陽光発電の売電収入は国の固定買取価格制度の対象ですので、安定した収益が見込めることです。もちろん、日照不足による発電量の低下や台風による設備の損傷といったリスクによって、元本割れをする可能性はゼロではありません。しかし、運用利回りは5%から6%台と比較的高く、銀行の普通預金の利息と比べると雲泥の差があるといえます。また、太陽光発電を自分で活用する場合は、初期投資に数百万円から数千万円が必要で、場合によってはローンを組む必要があるかもしれません。しかし、太陽光発電ファンドを利用することで、初期投資金額は十万円程度からでも投資することができますし、パネルの点検や草刈りといった管理の手間を省くこともできます。太陽光投資ファンドのなかには、投資家に向けたセミナーを開いているところもあります。勉強しながら情報を入手することで、より一層リスクの低減をはかることができるのではないでしょうか。

http://エコの輪ファンド.com/fund/

https://エコの輪ファンド.com/whats_fund/fund_risk/