各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽光発電投資、今から始めても間に合うのか

太陽光発電投資はこれから始めても大丈夫?

太陽光発電は、電気の固定価格買い取り制度の導入などで一時期注目を集めました。今はブームも落ち着いているように見えるが、エネルギーは生活にも投資にも欠かせない分野です。果たしてこれから始めても間に合うのでしょうか。

太陽光発電がはやった理由

自宅などに設置した太陽光発電で発電した電力を、電力会社が買い取るようになったのは2009年。当時の買取単価は電力会社ごと個別に設定されていましたが、2012年には全量買取制に変更され、単価も一律となりました。この買取制度に加え、太陽光発電を導入する際の助成金制度も整備されました。
2012年当時の買取価格は、主に一般家庭が対象の10kw未満の場合、1kwあたり42円。工場や集合住宅などの大型発電の10kw以上の場合は1kwあたり40円(税抜き)でした。なおこの買取単価は10年又は20年と一定期間維持されることも魅力的でありました。
しかし高単価が魅力の一つであった電力買取制度も年々単価が低くなり、2016年現在では10kw未満の場合1kwあたり31円、10kw以上の場合は1kwあたり24円+税とさらに下落傾向が続いています。

買取単価下落でも魅力な太陽光発電

買取価格が下落している現在だが、それによって太陽光発電への投資の魅力が薄れているかといえばそうではありません。パネルなどの機器の設置費用も下がっています。初期投資を抑えることは投資を成功させる第一歩です。
太陽光発電の性能も、技術の進歩によって変換効率がよくなり、発電性能の向上も進んでいます。金融政策の面でもマイナス金利政策が導入された影響で、導入費用を借り入れでまかなう場合の金利コストも抑えられるようになりました。
買取価格の低下というマイナス要因もあるが、プラス要因も多く存在します。しかし買取単価が下落しているのは事実であり、小規模での太陽光発電はメリットが薄れてきています。
そこで現在は各家庭に太陽光パネルを設置する小規模発電ではなく、太陽光発電設備と土地をセットで購入し、大規模太陽光発電を行う人が増えています。

いくらぐらいから始められるのか

大規模に発電をすることで1kwあたりの買取単価が低くなった場合でもスケールメリットでカバーできます。現在では、土地付きで太陽光発電設備を販売する会社も多くあります。それでは土地つきで大規模に太陽光発電を行う際、いったいいくらぐらいから始められるのでしょうか。
各地で太陽光発電を手掛ける当社が扱っている物件の場合、最低価格が300万円台からとそこまで高額ではありません。予算によって300万円台から数千万円、場合によっては1億円超など様々な物件がある。もちろん土地の場所や広さなどによって大きく価格は変わってきますが、土地代と発電設備がセットの価格で300万円台から始められるのは挑戦しやすい価格です。

収支シミュレーションとリスク

例として350万円の物件を購入した場合、収支がどのようになるか見てみましょう。当社で実際に販売されている、土地と発電設備がセットの60坪350万円の物件を購入した場合、年間発電量予測は14972kwhとなっています。買取単価は1kwあたり24円であるため、計算すると年間売電収入は約35万円となります。
350万円の投資に対して年間35万円の売電収入予測となり表面利回りは10%となり、10年後には投資資金が回収されることとなります。現在のマイナス金利政策下にある銀行の定期預金の利率を考えれば、この表面利回りは驚異的な数字です。
注意点もあります。太陽光発電投資で一番大きなリスクが自然災害です。津波や地震、土砂崩れなどによって設備が被害を受けた場合、損失を被る可能性もあります。天候にも左右されます。年間を通じて天候が悪い日が多いと、日照時間に比例して発電量が少なくなります。そうなると売電収入も少なくなります。

こういった自然のリスクは存在するが、それは太陽光発電投資に限らずどんな事にも当てはまる。エネルギーの問題は今後ますます重要なテーマ。太陽光発電投資は「自宅にパネルを設置して小規模にやるもの」から、「土地を買って大規模にやるもの」に替わりつつあります。前者のイメージを持っているならあらためて、投資対象として検討してみてはいかがでしょうか。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。