各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山・石川

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・徳島

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

初心者必見、株式投資をはじめる前に押さえておきたいポイント

初心者必見株式投資をはじめる前に押さえておきたいポイント

日本銀行のマイナス金利政策の影響などもあり、預金金利が下がっています。そのため、銀行に預けているだけではお金を増やすことができない状況になっています。そういった状況の中、少しでも運用利益を得るために株式投資をはじめようと考える人も増えているようです。そこで、株式投資初心者が押さえておきたいポイントについてご紹介します。

そもそも株とは

株式投資は「株を買う」「株に投資をする」といいますが、そもそもこの株とはなんでしょう?もともとは、相撲における年寄株など商売をする権利などを表す言葉として使われていました。その後近代になり、多くの投資家からの出資金を集めて事業を行う会社形態が主流になったときに、会社が生み出した利益を出資分に応じて得られる投資家の権利のことを、商売の権利の意味で使われていた株という言葉を使うことになったのです。株式会社においては、投資家は資金を会社に託し、同時に株式を手に入れます。つまり、ある会社の株式を購入するということは、その会社に出資していることを意味します。株式を持っている人を株主といい、株主は、会社が稼いだ利益から配当金を受けとったり、会社清算時に残余財産の分配を受けたりできます。単位株と呼ばれる一定以上の株数を保有していると株主総会に出席して議決権を行使し、経営の意思決定に参画することも可能になります。株式は、市場で取引され刻々と価格が変動します。資金を回収したくなったら、市場で売却できます。

株のリスクについて

株式投資をはじめるにあたって知っておきたいポイントのひとつに、株式投資のリスクを理解することがあります。株式投資のリスクは主に2つあります。ひとつは値下がりリスクで、価格変動リスクともいわれます。初心者が株式投資をする場合は、東京証券取引所に上場されている株式会社に投資をすることが多いでしょう。そういった会社の株は、市場が開いている間、休みなく取引され、株価は常に変動します。そのため、株価が下がれば値が下がり損を被るリスクがあります。もうひとつのリスクは信用リスクです。信用リスクとは、投資した資金が倒産などの理由で回収できなくなることをいいます。株式を発行している会社そのものが倒産すると、その株式は価値を失います。その結果、投資額全額の損失を被ることになります。代表的なリスクは2つですが、その他にも業績が悪いと配当金が支払われなくなるリスクや株式市場が混乱して売却できない流動性リスクなどもあります。しかし、株式投資をする場合は、少なくとも価格変動リスクと信用リスクによる損失が発生する可能性があることを正しく理解しておくことが大切です。

口座開設から株購入までの手続きについて

株式投資をする場合には、証券会社に口座を開く必要があります。証券会社の窓口に行って手続きする方法や電話で申し込みをする方法もありますが、ネットで申し込みをする方法も主流となっていますので、その手続きについてご紹介します。まず、売買手数料が安い、株式の積立投資対象銘柄が多い、伝統があり信用度が高い、取引画面が使いやすいなどの基準で口座を開く証券会社を決めます。その後、ネット経由で申し込みをします。申し込み時には、投資経験などの確認が行われるとともに、氏名・住所などの必要情報を記入します。あわせて、一般口座だけか、特定口座も作るかなど口座種類の指定も入力することになります。必要事項の入力が終了したら、指定された本人確認書類やマイナンバーのコピーを郵送などで証券会社に送ります。証券会社での審査が終了すると、取引画面にアクセスするパスワードが送付され、いよいよ取引ができる状態になります。初心者は、税金の申告や納税が楽になる特定口座を作っておくことをおすすめします。また、少額投資非課税制度であるNISA口座の開設は、別の手続きが必要となります。

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。