各支店へ直接連絡

北海道支店

対応地域
北海道

0120-116-715

東北支店

対応地域
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島

0120-544-715

東京本社

対応地域
東京・埼玉・群馬・茨城・千葉・栃木・新潟・長野・山梨・神奈川

0120-616-715

中部支店

対応地域
愛知・岐阜・静岡・富山

0120-420-715

関西支店

対応地域
大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・和歌山・福井・石川

0120-640-715

中国支店

対応地域
岡山・広島・島根・鳥取・山口・徳島・高知・愛媛・香川

0120-744-715

九州支店

対応地域
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

0120-620-715

太陽光発電は設置場所に応じたリスク管理が必須!最適な設置法とは?

設置さえすれば自動的に収入が得られると思われがちな太陽光発電。しかし、設置場所によってはリスク管理が必要となることもあります。たとえば積雪地帯の場合、冬場はパネルの凍結や落雪による事故なども考えられるでしょう。そのため、地域に応じて設置法を検討する必要があります。

日照時間・日射量の問題

発電量は日照時間や日射量に左右される

太陽光の発電量は、日照時間や日射量に左右されます。同じ日本といえども、北海道と沖縄では気候に大きな差がありますので、十分な発電量を得るためには天候が安定しているエリアを選ぶ必要があるのです。たとえば、日本で日射量が多いエリアは太平洋沿岸部。1年を通して晴天が多く、太陽光発電に向いているといえます。また、雨が少ない瀬戸内地方も同様に、発電量が多い傾向です。

しかし、これらのエリア以外の場合、気候に応じたリスク管理が必要です。たとえば、冬は日射量が減るため全国的に発電量が落ちますが、積雪地帯の場合には特に日射量が低くなり、十分な発電量がキープできない可能性があります。こういったエリアでは発電効率の良いパネル選びや、地域の特性を理解したうえで設置ができる業者を見つけることもリスク管理の一環です。

影の影響も視野に入れる

そのほかにも、建物で遮られやすい都会や、降水量が多い地域なども日射量が減るため注意が必要です。設置前には設置場所の特性をきちんと理解し、地域に合ったプランを立てることが重要といえるでしょう。

既存物件の屋根に太陽光パネルを載せる場合でも、エリアの特性に合わせたプランニングが行える業者を選ぶことが重要です。たとえば、積雪地帯では太陽光パネルからの落雪により周囲に迷惑をかける可能性もあるため、こういった事態に備えて設計できる業者を選ぶ必要があります。

また、遊休地に太陽光発電設備を設ける場合には、草木などが茂り陰になるほか、汚れにより発電効率が落ちる可能性もありますので、定期的なメンテナンスが必要となります。こういったリスクに備えて、ランニングコストも掛かることを念頭に置いておきましょう。なかにはこれらのメンテナンスを代行してくれる業者もありますので、土地付き太陽光発電投資といった遠隔地での投資を検討することも可能です。

設置面の向きや角度

太陽光発電の設置には向きや角度が重要

太陽光発電設備には、適した向きや角度があります。たとえば、家を建てるときには日当たりを考慮して南向きの土地を探すこともあるでしょう。同様に、太陽光発電設備も日当たりが良く、日射量を確保できる角度に調整する必要があります。

理想は「真南」「30度」

太陽の高度は季節ごとに変わるため、理想的なのは季節ごとにパネルの角度を変えられる環境ですが、実際には困難です。そのため、向きは1年を通して日射量が多い真南、角度は30度で固定するのが良いといわれています(※緯度によって設置角度が異なるケースがあります)。

遊休地を利用する場合は最適な位置や角度に設置することが可能ですが、既存住宅の場合、屋根の向きを変更するのは難しいでしょう。その場合、南向きより20%前後発電量が落ちますが、南東や南西向きにパネルを設置することも検討できます。こういったパネルの向きや角度は、基本的に業者が最適なところを選んでくれるため心配はいりませんが、前もって知識を身に着けることにより失敗を防げるでしょう。

そして、発電量を確保するためには、面積ももちろん重要です。適切な向きと角度で、できるだけ面積を広く取り売電収入を増やすならば、面積が限られ、余剰売電しかできない住宅用太陽光発電よりも工場の屋根や土地などある程度の広さを確保でき、全量売電が選択できる産業用太陽法発電が向いているといえます。

気温の変化による影響

気温が太陽光パネルに及ぼす影響

太陽光発電は「温かい地域が適している」と思われがちですが、これは正確ではありません。

まず、各メーカーが出している年間の発電量をチェックしてみてください。そうすると、意外なことに札幌や那覇に大きな差が出ていないことがわかります。しかし、同じ北海道でも札幌と帯広では発電量には大きな差が現れています。

北海道は夏場も発電効率が落ちにくい

理由のひとつは、気温。実は、夏場気温が上昇するエリアでは、熱により太陽光パネルの効率が下がり、かえって発電効率が悪くなるところもあるのです。積雪地帯である札幌は、当然雪の影響により冬場の発電量は減りますが、夏場気温の影響を受けづらいことにより、年間の発電量が那覇とそれほど変わらないのです。反対に那覇の場合、冬場雪が降ることはありませんが、夏場の気温上昇により太陽光パネルの発電効率が下がってしまうため、パネルの種類や設置環境によっては積雪地帯と同じような発電量となるケースがあります。

また、月間の発電量を見てみると、夏場はもちろん、3月から5月にかけても発電量が安定していることがわかります。北海道では夏場も穏やかな気候が続くうえ、梅雨前線の影響を受けにくいため、1年を通して安定した発電量をキープできるのです。

では、札幌と帯広の違いはどこになるのかというと、帯広は十勝平野に位置しており、日照時間を長く確保することが可能です。そのため、同じ北海道でも大きな違いが出ています。

温暖なエリアではパネルの選び方もリスク管理のひとつ

では、温暖なエリアでは夏場も効率を落とさず発電するために、どういったリスク管理を行えば良いのでしょう? 実は、近年では温度変化の影響を受けにくい太陽光パネルが多数販売されています。

たとえば、太陽光パネルの最大出力の数値は25℃で計算されていることがほとんどです。そこから気温が上昇すると、少しずつ発電効率は落ちていきますが、従来のものよりも効率が落ちにくい製品の開発が進められています。こういった製品を選ぶことにより発電効率を下げず、発電量をなるだけキープすることが可能です。

土地付き太陽光発電投資も視野に

太陽光発電は、設置場所に応じたリスク管理が不可欠です。きちんとエリアの特性を活かして発電できるよう、設置前に設備を慎重に選ぶことはもちろん、定期的にマネジメントを行うことも重要といえます。しかし、個人所有の土地や建物では、どう頑張っても不利となることもあるでしょう。そういった場合には、土地付き太陽光発電投資も検討できます。土地付き太陽光発電投資では、すでに設置されている設備の中からニーズに合うものを選ぶことが可能。もし、リスク管理をするのが難しいという場合には、検討してみるのもひとつの手でしょう。

参考サイト:

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。

太陽光発電なら『あんしん太陽光発電のエコの輪』にお任せください。自社施工の土地付き太陽光発電物件を都道府県別、高利回り物件別に、お客様にあった物件をお探しいただくことができます。また、産業用太陽光発電投資や自家消費型太陽光発電、太陽光発電ファンド、ソーラーシェアリングなど様々な太陽光発電関連のサービスを提供しております。

こちらもおすすめ