発電年金で年金不安解消!!土地付き太陽光発電で上手に資産運用

土地や屋根がなくても始められる新しい発電所のカタチ

はじめに1はじめに2

 今話題の『土地付き太陽光発電』を使った資産運用のご紹介です。再生可能エネルギーの全量買取制度が始まったことは知っていらっしゃいますか?この制度は、太陽光発電等の再生可能エネルギーの発電電力を一定期間、固定価格(平成26年度4月1日以降10kw以上は32.0円(税抜)/kwh)にて買い取るという制度です。今太陽光発電を始めれば、10kW以上であれば32.0(税抜)円/kWhで20年間買い取ってもらえます。

  例えば、30kWの太陽光発電を設置して発電させれば、条件にもよりますが少なくとも年間約30,000kWh以上の発電効果が見込めます。これを32.0円/kWhで買い取ってもらうとすると、年間約96万円の現金収入を得られるのです。これが20年間ですから、トータルで約1920万円の収入です。20年後も継続して太陽光発電をしていれば、買取価格は下がりますが、そのときの価格で買い取りは継続してもらえます。太陽光発電がつぶれるまで継続して収入が得られるのです。収益物件として魅力的な太陽光発電ですが、そもそも設置する土地がないという方がほとんどかと思います。そういった方にお奨めなのが、『土地付き太陽光発電』です。

日照時間が全国トップクラスの土地


  当社では高性能な太陽光発電施設と土地をパッケージとして販売しております。当社が選定した不動産業者様からご紹介いただいた坪単価の安い土地をご紹介することにより、土地や屋根を所有していないお客様でも中規模の太陽光発電を設置して全量買取制度(平成26年度4月1日以降 32.0円/kwh(税抜))を活用することができます。

  もし運用されていない預貯金や退職金があれば、土地付き太陽光発電を購入することで、先に述べた現金収入が得られます。もちろん、取得価格と収入との比較により、投資メリットを検証してください。物件によっては、かなりの利益を得ることができるのではないでしょうか。さらにうれしいことに、グリーン投資減税という税制優遇措置を受けることが可能です。(青色申告をしている法人様または個人様が対象)これは、太陽光発電の導入費用を即時償却できるというものです。節税対策にもかなり有効です。以上のメリットを勘案して、資産運用のひとつとして、太陽光発電を選択してみるのも良いのではないでしょうか。地球環境保全にも貢献できます。

  今まで自宅等に太陽光発電の設置を検討していたが、売電額が少なく設置を断念された方。エコの輪の『土地付き太陽光発電』なら最も発電する場所を綿密なデータを元に割出し、お客様の希望に沿った最適なプランを提供できます。下記に現在募集中のプランを紹介します。



よくあるご質問



  • 質問:下記の物件のパネル設置はできているのですか?

  • 回答:どの物件も設置はできておりません。
    • パネル :トリナソーラー
    • パワコン:オムロン
    を設置した場合のシミュレーションです。

  • 質問:パネルメーカーを変更することは可能ですか?

  • 回答:変更可能なパネルメーカーもございますのでお気軽にご相談ください。

  • 質問:物件の売電単価はいくらですか?

  • 回答:36円・32円または新年度の売電単価になります。

  • 質問:商談中マークがついている物件でも申込は可能ですか?

  • 回答:商談中とはパネルの契約が締結済みでお客様の融資がおりるのを待ってる状況なので申し込みは受け付けておりません。商談中のお客様の融資がおりなければ商談中マークをはずしますので、恐れ入りますが商談中マークが外れてからお問い合わせください。

  • 質問:現地を確認せずに物件をおさえることは可能ですか?

  • 回答:『物件をおさえるには実際に現地を確認していただいて担当の不動産会社へ買付申込書を提出後、パネルの契約を締結していただく必要』がございます。
    ※物件が遠方にある等の理由で現地の確認が難しい場合はご相談ください。

  • 質問:設備の申請、電力の申請は終わっていますか?

  • 回答:設備申請済み、電力申請済みのアイコンのある物件につきましては終わっています。ただし、電力会社の回答で電力負担金が高額になる場合や連系まで何年もかかる場合がございます。電力会社の回答が出る前に土地の契約を締結される場合は特約事項をつけて締結してください。

  • 質問:下記、物件一覧の内容が変わることはありますか?

  • 回答:現地調査後内容が変わる場合がございます。

  • 質問:一覧表の価格以外に別途かかる費用はありますか?

  • 回答:整地代、電力負担金、土地の売買契約時の諸費用が別途かかります。

  • 質問:パネル設置後のメンテナンス、管理はしていただけるのでしょうか?

  • 回答:パネル設置後、5年後、9年後、15年後、20年後無料で点検はさせていただきますが、草刈等のメンテナンス、管理は各お客様に対応していただいております。






物件についての注意事項



  • ※土地を確認しに行かれる場合は、担当の不動産会社に土地が残っているか確認を行ってから現地確認をしてください。

  • ※物件には土地所有権付物件と土地賃借権付物件がございます。
    項目欄が黒色の場合は土地所有権付物件、黄色の場合は土地賃借権付物件です。

  • ※低圧が複数基の物件につきましては想定しているkwを設置できない場合もございます。また、低圧が1基の物件についても、連家までに何年もかかる場合もございますので予めご了承ください。

  • ※下記一覧発電額等の内容は公図を基に作成しております。

  • ※添付図面は現状と異なる場合があります。あくまでも参考図面として参照ください。

  • ※下記物件一覧の価格には土地代金は含んでおりますが、整地代、電力負担金、土地売買契約時に係る諸費用は含んでおりません。

  • ※高圧の物件については電気主任技術者の選任が義務付けられております。

  • ※高圧物件についてパワコンのメーカー保証を付ける場合は別途費用がかかる場合がございます。

  • ※高圧案件に関しましては事前相談の回答が出ていない物件もございます。その場合、設置可能容量に制限がかかったり連携費用が高額になる場合もございますので予めご了承ください。

募集中の物件一覧


今までにご契約いただいた土地物件

マンション経営や駐車場経営を超える資産運用

  資産運用の一つの方法として、太陽光発電の活用が注目を集めています。政府が進める「固定価格買取制度」によって、高い利益率が生まれる形で、発電した電力を20年間定額で買い取ってもらえるためです。

  それでは、他の投資案件と具体的に比べると太陽光発電への投資はどのような特徴があるのでしょうか?下記で他の投資案件と比較してみました。


お問い合わせはコチラ

どちらの投資を選ぶ?

土地付き太陽光発電の安心ポイント

安心ポイント

太陽光発電を購入・設置し、発電した電力の全量を電力会社が20年間1KWh当たり32.0円(税抜)で買い取ることが法律で義務付けられているので購入後、安定して収入を得る事が出来ます。

30kwのモデルシステムで初期投資費用が約10年で回収可能でその後の売電収入は1年目から20年目までは105万円/年21年目以降は49万円/年です。(※売電額は太陽光パネル、設置場所、方位により異なります。)

買取価格は平成26年4月1日以降で、10kw以上は32.0円(税抜)/kwhで20年間はこの買取価格で売電が保証されます。来年度はさらに買取価格が下がってしまいますのでご検討中の方はお急ぎください。

30年間で初期費用に対して約3倍の利益

10kwを300万円で設置した場合

@20年目までの1年間の予想売電収入

平成26年度売電価格(税抜)  年間予想発電量

32.0円/kw × 33,000kwh = 105.6万円

A21年目からの1年間の予想売電収入

予想売電価格  年間予想発電量

15.0円/kw × 33,000kwh = 49.5万円

※21年目以降の売電単価は未定です。

B20年間の売電収入

105.6円/kwh×20年=2112万円

C20年目の売電収入による総利益

20年間売電収入 初期投資費用

3520万円-1275万円=2245万円

C21年目から10年間の売電収入

49.5万円×10年=495万円

※21年目以降の売電単価は未定です。
※全て税抜の価格になります。

30年間の売電収入(B+C)

2,607

万円

1,407

万円

お問い合わせはコチラ

グリーン投資減税による税負担


 平成25年度4月1日から平成28年3月31日までの期間内に太陽光発電設備10kw以上のシステム取得にグリーン投資減税制度が適用されます。(即時償却は平成27年3月末までの取得に限る)

  • @青色申告をしている法人または個人を対象に
    システム取得価格の全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却
  • A青色申告をしている法人または個人を対象に
    普通償却に加えて取得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却
  • B青色申告をしている中小企業者に限り
    設備取得価格の7%相当額の税額控除
太陽光発電の投資のリスク
@設置工事・電気工事中の機器損壊リスク
■当社は保険金額60億円の組立保険及び5億円の第三者賠償責任保険に加入しています。
A太陽電池・パワーコンディショナー等の故障
■10年間のメーカー保証及び25年間のメーカー出力保証付(※高圧物件についてパワコンのメーカー保証を付ける場合は別途費用がかかる場合がございます) 、なおパワーコンディショナーは消耗品部分を含むため、15年に一度の交換が必要です。
(※メーカー保証・出力保証はメーカーにより異なります。)
B漏電、雨漏り、パネルの飛散等の施工上のトラブルリスク
■20年間の施工補償・20年間の定期点検を行います。
C天災及び盗難のリスク
■10年間の動産総合保険付(地震災害除く)
D買取価格の変更リスク
■一旦適用された価格は、「物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要と認められる場合」(法第3条第8項)の他は、変更されることはありません。
※「物価その他の経済事情に著しい変動」とは急激なインフレやデフレのような例外的な事態を想定しております。

お問い合わせはコチラ